LOUD PARK '14 2014.10.18

突然のMANOWAR出演キャンセルとなり、一気に熱が冷めた感があったが、それでもまだ見たいバンドはいる。しかし自分自身のコンディションが寝不足により最悪な状態。

案の定、DRAGONFORCEの時は曲の始めは起きているんだが、あっという間に眠りの底に落ちて行ってしまった。ちゃんと聞きたいと思っていたバンドだっただけにほんともったいないことをした。やっぱりもう若くないのでコンディションを整えることの大切さを知りました…。

10時過ぎに到着すると既に仮面女子が最後の曲を演奏している状態だった。前の方にはペンライトを振っている人もいた。メタルの要素はほとんどないな。今はアイドルがフェスに出るのが流行っているのかな?

BATTLE BEASTは人気があるようでたくさんの人でアリーナがうまっていた。逞しいお姉さんがボーカルで、分かりやすいメロディの、典型的なメタルといった曲をやっている。これは確かにライブで盛り上がる。

この後29日のMANOWARの単独チケット(優遇措置)をゲットして、腹ごしらえ。もちろんケバブとビール(このビールが最後まで眠気を誘うことになった…)。LOUDNESSの人気にもびっくりしたなぁ。

AMARANTHEは初めて見るのだが、まさかのボーカル3人。男女ボーカルにプラスしてスクリーム・ボーカルもいる。最近のメタルといった雰囲気。ノリもよく楽曲もいい。

フィリップ・アンセルモのDOWNを少し見て腹ごしらえ。そしてRAGE。高校のときよく聞いたバンド。当時の曲はあまりやらなかったがRAGE節を聞けたのはうれしかった。でも最初声が全然聞こえなかったり、音はあまり良くなかった。

c0174153_1852969.jpg

そしてDRAGONFORCE。こちらも最初ボーカルの声があまり聞こえず、スタッフが大急ぎでなにやら対応していた。曲も良いんだけど、ちょっと弱い感じは否めない。まぁ、ほとんど寝てしまったので何も言えない。

c0174153_1855927.jpg

最後のARCH ENEMYは全く曲は知らないけど、ちょっと他のバンドと比べて格が違ったかも。重々しい音と安定感。ボーカルはどこから声出しているんだろうと思う背の低い女の子だった。来年はコンディション整えて参加することを心に誓った。セットリストは以下の通り。


■DRAGONFORCE
1. Defenders
2. Fury of the Storm
3. Three Hammers
4. Black Winter Night
5. Seasons
6. Symphony of the Night
7. Cry Thunder
8. Ring of Fire (Anita Carter cover)
9. Through the Fire and Flames
10. Valley of the Damned

■RAGE
1. Carved in Stone
2. Sent by the Devil
3. War of Worlds
4. Enough Is Enough
5. Refuge
6. Down
7. Unity
8. Don't Fear the Winter
9. Soundchaser
10. Set This World on Fire
11. Higher Than the Sky

■AMARANTHE
1. Digital World
2. Dynamite
3. Hunger
4. Invincible
5. 1.000.000 Lightyears
6. Trinity
7. Massive Addictive
8. Afterlife
9. Amaranthine
10. Call Out My Name
11. Drop Dead Cynical
12. The Nexus
[PR]

by backyard_babies | 2014-10-18 23:04 | Live

KISS MONSTER JAPAN TOUR 2013 2013.10.24

7年ぶりに来日したKISSの追加公演に参戦のため仕事上がり足早に武道館にやってきた。九段下の駅から何人ものKISSメイクのファンを見かける。一緒に写真を撮りたくなるくらいの完璧メイク・コスプレの人も。

c0174153_23235512.jpg

今回は2階北東A列ということで、ステージの真横の2階席一番前だった。普段見ないアングルで、バックヤードの様子が良く見える。19時なるとすぐにライブが始まった。輝く銀色のコスチュームに派手な白塗りメイク、うぉーという歓声が響き渡る。

予習したとおりの曲での演奏だった。CDはグレイテストヒッツしか持っていなかったので新たに知った曲がたくさんあったのだが、結構かっこいい曲が多くて改めてKISSの魅力を感じることとなった。オープニングの"Psycho Circus"もその1つだ。ライブのつかみには持って来いのへビィさもある曲だ。

c0174153_23243573.jpg

"Shout It Out Loud"はKISSらしい、キャッチーでサビを会場全体で歌えるような曲。KISSの曲はわかりやすいのでライブが一体感が出る。"Hell or Hallelujah"等も力強さのあるいい曲だ。"War Machine"ではジーン・シモンズが火吹きを見せてくれた。

「上を向いて歩こう」のカバーなんかも日本への愛情を感じる。新たに知った曲で個人的に気に入ってるのが"Say Yeah"。サビへの流れとかメロディとかがとにかくカッコいい。ついつい口ずさんでしまう。この曲をライブで聞けたのが非常に嬉しかった。そして"Shock Me / Outta This World"に続くのがまたイイんだよなぁ。

後半は名曲のオンパレード。"Lick It Up"、"Love Gun"、"Black Diamond"は観客のボルテージをどんどん上げていく。そして最後は個人的に大好きな曲が三連発だったので申し分が無かった。昔からKISSといえば"Detroit Rock City"と思っていた、あのギターのリフを聞くと頭を振りたくなる。

c0174153_2325117.jpg

"I Was Made for Lovin' You"のスリリングなメロディや"Rock and Roll All Nite"のコーラスの盛り上がり、素晴らしいの一言だ。ほんと楽しかった。来年も来るよ的な発言があったけど本当かな?でも待ってます! 

c0174153_2326390.jpg

セットリストは以下の通り。

1. Psycho Circus
2. Shout It Out Loud
3. Do You Love Me
4. I Love It Loud
5. Hell or Hallelujah
6. War Machine(Gene breathes fire)
7. Sukiyaki(Kyu Sakamoto cover) (Perfomed only by Paul Stanley)
8. Heaven's on Fire
9. Calling Dr. Love
10. Say Yeah
11. Shock Me / Outta This World
12. Guitar and Drum Solos (Tommy Thayer / Eric Singer)
13. Bass Solo(Gene spits blood and flies)
14. God of Thunder
15. Lick It Up (Included the instrumental Won'… moret get Fooled Again)
16. Love Gun (Paul flies over crowd to the B-stage)
17. Black Diamond
18. Detroit Rock City
19. I Was Made for Lovin' You
20. Rock and Roll All Nite
[PR]

by backyard_babies | 2013-10-25 23:26 | Live

LOUD & METAL ATTACK 2013.5.25

フィンランドフェス改め「LOUD & METAL ATTCK」に参戦するため、新木場スタジオコーストにやってきた。出店も会場外に3つ程という随分こじんまりとした感じだ。
c0174153_18415744.jpg

オープニングアクトはLIV MOON。一度観てみたかったアーティストだ。4オクターブを操るというふれこみだったが、やはり歌がうまい。メタルっぽくない出で立ちもいい。ギターもうまかったし、バンドとしてかっこよかった。

OMNIUM GATHERUMはいかにもメタルっぽく叫んでいた印象。JESSICA WOLFFは元気なハードロック。聞きやすい感じ。MOKOMAはあんまり印象無いかなぁ。

そして待ちに待ったTURISAS登場。会場を巻き込む独特の雰囲気。赤と黒のペイントを塗りまくったメンバー、赤いライトに照らされた観客。拳を振り上げる準備は全て整った。
c0174153_18422627.jpg

モッシュサークルを利用して前の方まで進出するとあとはもみくちゃになりながら楽しい気分を満喫できた。"Stand Up And Fight"、"Battle Metal"を一緒に叫んだとき本日のテンションMAXだった。し
c0174153_18431777.jpg

最後のNIGHTWISHは、ハイネケン1杯飲んで途中で眠くなってしまった。あまり抑揚がなくずっと同じテンションを保ってる感じだが、かっこいいと思う曲もあった。

しかし短すぎるよ、このフェス。どのバンドも30分ちょっとだし。最後のNIGHTWISHでさえ1時間弱。安価でいろんなバンドをお試し感覚で楽しむのにはいいかもね。

■TURISAS
1. The March of the Varangian Guard
2. The Great Escape
3. To Holmgard and Beyond
4. In the Court of Jarisleif
5. Stand Up and Fight
6. Battle Metal

■NIGHTWISH
1. Dark Chest of Wonders
2. Wish I Had an Angel
3. She Is My Sin
4. Storytime
5. Ever Dream
6. I Want My Tears Back (with Troy Donockley)
7. Nemo (with Troy Donockley)
8. Romanticide
9. Amaranth
10. Last Ride of the Day
[PR]

by backyard_babies | 2013-05-27 18:43 | Live

LOUD PARK 12  2012.10.27

今年もやってきたさいたまスーパーアリーナで開催された日本最大かつ唯一のメタルフェス、LOUD PARK 12。今年は帝王SLAYERがヘッドライナーということだが、それ程嬉しいわけではないのが正直なところ。あまり自分には嵌らないバンドなんだよなぁ。

トップバッターはクリストファー・アモット。しかしベーシストがいない。どんなに超絶なテクニックのギターを披露しても音に厚みがないのは痛々しい。今年も開幕したことを感じて、それから恒例のデラックスケバブサンドを食べて、ゆっくり座れる席を確保する。そしてHALESTORMの登場。2年前にギターをかき鳴らしていたリジーが今回もロックボイスを聞かせてくれた。やはりなかなか華がある。スキッドロウの"Slave To the Grind"のカバーをやるときにセバスチャンバックが登場してかなり興奮した。
c0174153_32496.jpg


HIBRIA、OUTRAGEを少し見つつ、お酒も飲みつつだらっとする。そしてここからが本番。まずはDRAGONFORCE。先日POWER ROCK TODAYで聞いてかっこいいと思い、アルバムも購入したメロディックスピードメタル。速くてメロディアスな旋律が会場を盛り上げる。熱狂的なファンも多く、なんとかモッシュサークルから逃げながらステージに向かって腕を振り上げた。知ってる曲は1曲しかなかったのにすごく盛り上がるし、やはりかっこいい。これは本気で単独に行ってもいいかもしれない。新しいアルバムも買おうかな。
c0174153_3241155.jpg


そしてセバスチャンバック。洋楽を聞くきっかけはSKID ROWの"I Remember You"だった。それを歌っていたセバスチャンバックが目の前にいる。すごく興奮する。やはり背が高いし、結構肩幅もある。顔は小さい。歳を重ねてもかっこいい。1曲目は"Slave To the Grind"。今度はリジーがゲストとして参加していた。やはり盛り上がる。7曲もSKID ROWの曲をやってくれた。何回聞いたかわからない聞き込んだ青春の思い出だ。"18 and Life"、"I Remember You"、"Youth Gone Wild"はかなり興奮したし、鳥肌もんだったなぁ。いやー、ほんと楽しかった。
c0174153_3245374.jpg


BUCKCHERRY登場! ジョシュはなんだかまた痩せたか?かなり鍛えているようだが。ジャケットを脱いだ時のタトゥーだらけの上半身は雰囲気出てるね。"Rescue Me"のような速い曲をもっとたくさん作ってほしいんだよなぁ。そして"Dirty Mind"は分かっていたけどやはり演奏されることはなく。一度聞きたいんだけどなぁ。前の単独ライブがすごく楽しかっただけに、今回は時間も短くなんだか物足りない気分になってしまった。DRAGONFORCEやセバスチャンバックに比べて観客も少なかったなぁ。やっぱ単独やってほしい。
c0174153_3244970.jpg


この後、SONATA ARCTICAやIN FLAMESの時に疲れが出たみたいで2階席で爆睡してしまった。そしてそのままHELLOWEENを見ることに。最近のアルバムは買ってないので知らない曲もやっていたが、"Eagle Fly Free"で会場は一気にボルテージがMAXに。そして"Power"では拳を何度もかかげる。疲れていたので座ってみるつもりだったのに、結局何度も立ち上がることになった。"Fiture World"、"I Want Out"、"Dr. Stain"の最後の3曲はほんと盛り上がった。来てよかった。ジャーマンメタルの代名詞のHELLOWEEN。高校の時に何度も聞いた。洋楽なんかほとんど聞かない妹ですら聞いていた。
c0174153_3252464.jpg


次の日は手賀沼エコマラソンということもあり、ここで帰ることに。また来年を楽しみに。来年はOZZ FESTもあるし。セットリストは以下の通り。


■DRAGONFORCE
1. Holding On
2. Heroes of Our Time
3. Seasons
4. Fury of the Storm
5. Through the Fire and Flames
6. Cry Thunder
Encore:
7. Valley of the Damned

■Sebastian Bach
1. Slave to the Grind (with Lzzy Hale)
2. Kicking & Screaming
3. Dirty Power
4. Big Guns
5. Piece of Me
6. 18 and Life
7. American Metalhead
8. Monkey Business
9. Tunnelvision
10. I Remember You
11. Youth Gone Wild

■BUCKCHERRY
1. Ridin'
2. Rescue Me
3. All Night Long
4. Fall
5. Everything
6. Sorry
7. It's a Party
8. Next 2 You
9. Lit Up
10. Crazy Bitch

■HELLOWEEN
1. Are You Metal?
2. Eagle Fly Free
3. Where the Sinners Go
4. Power
5. If I Could Fly
6. Burning Sun (World Premiere)
7. Drum Solo (by Dani Loble)
8. I'm Alive
9. Steel Tormentor
10. Future World
11. I Want Out
Encore:
12.Dr. Stein
[PR]

by backyard_babies | 2012-11-02 23:25 | Live

JUDAS PRIEST ~EPITAPH JAPAN TOUR 2012~ 2012.02.09

初めてのパシフィコ横浜 国立大ホールでのライブ。こういうホールにJUDAS PRIESTが来るなんてちょっと意外だった。御年60歳のロブ・ハルフォードがどこまでがんばってくれるのか。期待とちょっと不安も混じったりもしていた。今回は仕事で来れなかったSの代わりにmixi経由でチケットを買ってくれた大学3年生の青年も一緒に参戦。陰陽座が好きで彼らのルーツでもあるJUDAS PRIESTを観たかったとのこと。
c0174153_10362554.jpg

そして神降臨。まさに重鎮といった重い足取りで登場して、"Rapid Fire"で幕開け。スモークで良く見えん(笑) マイクスタンドを片手で持ち、うつむき加減で少しだけ揺れながら歌っている。しかしあまりに微妙な動きに、やっぱもうおじいちゃんだからあんまり動けないのかなって思った。しかし"Metal Gods"の後にコートを脱いで出てきたら妙にフットワークが軽く、ステージを動き回っていた。単にコートが重かっただけみたい。

ところどころでシャウトする時のハイトーンは健在。前半で個人的にかっこよかったのは"Judas Rising"。渋く、少し擦れたハスキーな感じの声で静かにそして熱く歌い上げる。途中杖を突きながら歌ったりもしてたんだけど、杖すらもカッコいいから不思議だ。動きがちょっと古いし、なんだかコミカルなんだけど、段々それがかっこよく見えてくるから不思議だ。結局のところ何をしてもカッコイイということになるのだが。

曲が変わるごとにコートを脱いだり、新しいジャケットを着たりとコロコロ衣装が変わっていく。良く見るとアルバムのジャケットがプリントされているGジャンだったりと当時の衣装を着ていたのかもしれない。JUDAS PRIESTはメタルゴッドと言われているが、いろんなタイプの曲がある。ノリだけじゃない、しびれるメロディがある。"Diamonds and Rust"もそんなことを感じさせる曲でかっこよかった。

"Prophecy"からの"Night Crawler"とかはぞくぞくしてしまう。振り上げる拳にも自然と力が入ってしまう。年齢層の高い観客だったがみんな盛り上がっている。前列にいたちいちゃいおばちゃんもジャンプしたり、チョッパーキティでアピールしたりと楽しそうでなんだかかわいらしかった。今回最もやってほしかった"The Sentinel"、キターって思っていると最初のサビ以外はキーを落として歌っていた。さすがにちょっと声もつらくなってきたのかな。でもこれはこれでいいんです。彼は神なのだから。

c0174153_10365159.jpg

そしてさらに観客のボルテージが上がったのが"Breaking the Law"!! もうここからはロブもサビを観客に丸投げ状態。でもこの曲はみんなで歌うのが楽しい。そしてLOUD PARK '09 の時に聞けなかった"Painkiller"がようやく聞けた。国立大ホールにもハーレーで登場するパフォーマンスを実施。いやかっこ良すぎます。アンコールでの"The Hellion"からの"Electric Eye"も良かった。となりの大学生は「僕、"Hellion"が流れたとき、ずっと泣いてました」とライブの後で言っていた(笑)

ラストはキャッチ―なメロディが印象的な"Living After Midnight"で会場が一体となる。とにかく楽しかった。またいつの日か神が降臨することを祈っていようと思う。 セットリストは以下の通り。

1.Rapid Fire
2.Metal Gods
3.Heading Out to the Highway
4.Judas Rising
5.Starbreaker
6.Victim of Changes
7.Never Satisfied
8.Diamonds & Rust (Joan Baez cover)
Dawn Of Creation
9.Prophecy
10.Night Crawler
11.Turbo Lover
12.Beyond the Realms of Death
13.The Sentinel
14.Blood Red Skies
15.The Green Manalishi (With the Two Pronged Crown) (Fleetwood Mac cover)
16.Breaking the Law
17.Painkiller
Encore:
The Hellion
18.Electric Eye
19.Hell Bent for Leather
Encore 2:
20.You've Got Another Thing Comin'
Encore 3:
21.Living After Midnight
[PR]

by backyard_babies | 2012-02-11 10:37 | Live

LOUD PARK 11 2011.10.15

今年はさいたまスーパーアリーナで1日だけの開催となった。生憎の雨の中会場に入ると既にたくさんの人が入場していた。会場自体のスペースもやや小さくなったように思えるが、1日のみの開催ということで来場者も増えているのかもしれない。

c0174153_14481817.jpgオープニングアクトはANIMETAL USA。日本のアニメソングを英詩で歌うということでちょっと興味をそそられた。ヴォーカルはマイク・ヴェッセーラ、ギターはクリス・インペリテリとすごいメンバーだ。マイクのハイトーンはアニソンによく合う。クリスの速弾きのギターはかっこいい。若干、選曲が古かったのは微妙だったが、ガッチャマン、聖闘士星矢、マジンガーZ、宇宙戦艦ヤマトは盛り上がった。いろんな世代の人が一つになれた感じがした。

c0174153_14491535.jpgこれから1日は長いのでちょっと休憩をとる。そしてSTRYPER。まさかこのバンドを観られる日が来るとは。黒に黄色いストライプの入った独特のコスチュームで登場。高音は少し厳しい部分もあるが、衰えを知らない声は素晴らしい。美しいメロディラインが心地いい。クリスチャンバンドという異質な部分はあるものの正統派メロディアスハードであり、"Calling On You"、"Free"、"More Than A Man"、"To Hell With The Devil"等、「To Hell With The Devil」からの曲は思い入れも強く、個人的に楽しかった!

c0174153_1450099.jpg
この後Sと合流し腹ごしらえで定番のケバブサンドを食べて休憩。そしてメタルを聞きながらスタンドで眠りにつく。そしてUNISONIC。昨年のAVANTASIA以来、こんなに早くマイケル・キスクとカイ・ハンセンが同じステージに立つ姿をみることができるとは。登場してきたとき、おぉーって思ったけどUNISONICの曲知らない…、でも二人を見てるとなんか嬉しい気持ちになる。そしたらなんとHELLOWEENのカバーをやってくれた。日本のファンの気持ちをわかってくれてる。"Future World"と"I Want Out"はちょっと鳥肌もんだった。高校時代を思い出した。

c0174153_14502212.jpgそして今回最もかっこよかったのがTHE DARKNESS。ずっとアルバムを出していないせいか観客が決して多いとは言えなかった。でも彼らの粒揃いの秀曲がたくさん聞けた。そして何よりジャスティンの存在感。全身ピタッとした70年代スタイル。そしてそれがハマっている。他の追随を許さないハイトーン、どっから声が出てるのか不思議である。メロディもいいし、ノリもいい。どんどん楽しい気分になっていく。こんなかっこいいライブは単独を希望する。"One Way Ticket"、"Growing On Me"、"Friday Night"、"Givin' Up"、次から次と楽しい気分にさせてくれる。挙げたらきりがない。こういうアーティストにはこれからも活躍してほしい。

c0174153_14504489.jpg
自分の中のトリはWHITESNAKEだった。最初の2曲は知らなかったけど残りは全部知ってる曲で良かった。でも正直ソロの時間が長かった。フェスという限られた時間の中では、名曲がたくさんあるのだからもう少し違う曲をやってくれたら嬉しかった。でも"Is This Love"や"Fool For Your Loving"、"Here I Go Again"はそのメロディラインを聞いただけでぞくぞくした。しかしほんとディビッド・カバーデルは歌うまいなぁ。聞かせるという言葉がしっくりくる。ライブでも切ないメロディを楽しめて、ちょっとしっとりとした気分にもなれるし、明るく楽しい気持ちにもなれる。最新アルバムもいい曲入ってるのだが、メロディとかは昔の曲の方がかっこいい。個人的には"Now You're Gone"、"Looking For Love"、"Slide It In"とかもやってほしかったなぁ。

しかし今年も十分楽しむことができた。また来年も参加するぞぉー。またTURISAS来ないかなぁ、MANOWARとかMEAT LOAFとかBLIND GUARDIANとか来ないかなぁ。各セットリストは以下の通り。

■ANIMETAL USA
SE.星条旗
1. 愛をとりもどせ!!
2. ガッチャマンの歌
3. ペガサス幻想
4. ゆけゆけ飛雄馬
5. がんばれがんばれドカベン
6. マジンガーメドレー with ももいろクローバーZ( マジンガーZ → グレートマジンガー )
7. 残酷な天使のテーゼ
8. 宇宙戦艦ヤマト

■STRYPER
SE.Abyss (To Hell with the Devil)
1. Sing-Along Song
2. Loud ‘N’ Clear
3. The Rock That Makes Me Roll
4. Reach Out
5. Calling On You
6. Free
7. More Than A Man
8. The Way
9. To Hell With The Devil
10. Soldiers Under Command

■UNISONIC
SE.Walkürenritt or Ritt der Walküren
1. Cross The Line
2. Souls Alive
3. Unisonic
4. A Little Time ( Helloween cover )
5. My Sanctuary
6. Never Too Late
7. Future World ( Helloween cover )
8. I Want Out ( Helloween cover )

■THE DARKNESS
1. Bareback
2. Black Shuck
3. Growing On Me
4. Get Your Hands Off My Woman
5. One Way Ticket
6. Love Is Only A Feeling
7. Friday Night
8. Is It Just Me?
9. Cannonball
10. Stuck In A Rut
11. Givin’ Up
12. I Believe In A Thing Called Love
13. Love On The Rocks With No Ice

■WHITESNAKE
SE.My Generation ( The Who song )
1. Best Years
2. Give Me All Your Love
3. Love Ain’t No Stranger
4. Is This Love
5. Steal Your Heart Away
6. Forevermore
  ~Guitar Solo ( Doug → Reb → Battle )~
7. Love Will Set You Free
  ~Drum Solo~
8. Fool For Your Loving
9. Here I Go Again
10. Still Of The Night
[PR]

by backyard_babies | 2011-10-22 14:51 | Live

「SIGN OF ANGELS」 by Issa

c0174153_0194838.jpgBURRN!で高得点を獲得したノルウェーの女性シンガーのデビューアルバム。全編を通して、キャッチ―でメロディアスなハードロックを聞くことができる。

雑誌等で言われている見た目が美しいかどうかは別として、透明感のあるきれいな声を期待していたが、地は少しざらついた声をしている。曲によって声質を変えているようで、透き通るような声で歌っている曲もある。

声は期待通りとはいかなかったが、楽曲のクオリティは高い。しっとりと歌い上げられた抒情性のある曲や爽やかな風が吹くような曲、パワフルさを感じる曲もある。それだけ実力に幅のあるシンガーなのかもしれない。

バラード調の曲が一番実力が発揮できているように思える。"Unbelievable"でそれを確信した。どの曲も心地よいメロディを感じることができる。特出した曲というのは少ないが安定感のあるアルバムだ。

非常に惜しい。あと一歩ですごいアルバムになったんじゃないかなぁ。気に入った曲は以下の通り。

1. Angels Crying
2. I'm Alive
4. River Of Love
5. What Can I Do
7. Unbelievable
8. How Will I Know
9. As I Live And Breathe
[PR]

by backyard_babies | 2011-01-21 00:20 | Music

LOUD PARK 10 (2010.10.17)

今年は2日目だけ参戦することにした。今年はさいたまスーパーアリーナで開催された。やはり幕張メッセの方が近くていい。電車を乗り継いで到着。さいたま新都心の駅は黒いTシャツを着たメタルファンでごったがえしていた。

最近は勉強不足の為、今回の出演バンドはほとんどが知らなかった。まずはスミノフアイスを飲みながらスタンドから観戦。最初の3 INCHES OF BLOODは見た目のごつさと違って意外とハイトーンなボーカルを聞かせてくれた。次のTRASH TALKはあんま覚えてない(笑)

c0174153_1965159.jpgRECKLESS LOVEはフィンランド出身ということで、90年代の爽やかなHRを聞かせてくれた。キャッチ―なメロディとハイトーンボーカル、昔のMOTLEY CRUEを彷彿させるセクシーさがあった。どこか安心して聞ける懐かしさも感じた。アルバムを通して聞いてみたい。

c0174153_1971724.jpgHALESTORMは女性ボーカルだったが、結構男っぽいし曲調もかっこよかった。登場するときから圧倒的な声量を感じさせてくれた。どれくらいのキャリアがあるのかわからないが今後が期待できるバンドである。


c0174153_1981394.jpgそして今回度胆を抜いたのがTURISASだ。始まる前から熱狂的ファンが叫ぶ声が聞こえてきた。一気にステージ前に人が集まっていく。そして顔を赤く塗り、原住民のような毛皮をまとったバンドが登場。バイオリンやアコーディオンを加えた重低音をベースにした厚みのある音の上に大合唱をさそうメロディがのっている。熱くて、男くさい、いわゆるヴァイキングメタルと言えるだろう。観客をどんどん煽り、とにかく楽しませてくれて一体感が生まれてくる。これは是非とも単独ライブにも行ってみたいし、CDも買いたいな。

c0174153_1984356.jpgこの後はしばらく食事&休憩タイム。そしてついにANGRA登場。新譜のイントロから始まり"Arising Thunder"での幕開け。ノリが良く、サビメロもキャッチ―でいい、新しくアンセムとして加えてもいい。エドゥ・ファラスキのハイトーンボーカルが魅力のバンドだが、アリーナでは音とボーカルがバラバラに聞こえてしまったのが残念だ。しかし、"Angel Cry"から"Carry On / Nova Era"と往年の名曲が続くとこんなに嬉しいことはない。最後の"Spread Your Fire"がすごい盛り上がっていたのに知らない曲だったのでちょっと残念だった。改めてこのバンドをこれからも注目していきたい。

次はメタル界の重鎮MOTERHEAD。革ジャンに身を包んだレミーはやっぱりかっこいい。独特の低くてかすれ声のボーカルがしびれる。でも全然曲知らないんだなぁ。なのでスタンドで観戦しながら、ちょっと食糧調達しながら終わり間際で次のステージに移動を開始した。

c0174153_1991543.jpgそして今回最も楽しかったAVENGED SEVENFOLDが登場した。最近のセットリストを調べて予習をしっかりしてきた。新世代HMバンドとして取り上げられる彼らのメロディアスでノリのいい曲が立て続けに演奏される。サビで急にテンポやメロディを変える彼らの曲は個人的にはすごいハマる。曲がいいから気持ちがのる。拳を振り上げたくなる。サビを叫びたくなる。楽しい気持ちにさせてくれる。1時間くらいのライブ時間なので厳選された曲が素晴らしいものばかり。


c0174153_19101459.jpg今回元DREAM THEATERのドラマーのマーク・ポートノイが参加していた。意外と小柄だったが安定したパフォーマンスはさすがである。このバンドに入ると実力は突出するだろう。最後の"Almost Easy"は熱気がすごかった。なんか始まってからずっと走り続けたような感じであっという間に楽しい時間が終わってしまった。


c0174153_19112161.jpg最後はベテランOZZY OSBOURNE。もう62歳のオジーだがやはりそのボーカルは魅力的。ところどころヨボヨボ感がでていて、手拍子を煽るがちょっともたついているのもウケた。"Bark At The Moon"で始まり、新譜から"Scream"、メロディアスな"Mr.Crowlyと続き、かなり楽しい気分になった。でもここから知らない曲が続いてしまった。でもサビのわかりやすい曲が多いのでそれなりに楽しめる。やっぱいい曲多いな。"Shot In The Dark"や"I Don't Wanna Change The World"や"Crazy Train"はやっぱかっこいい。オジーの声がすごく合う曲だ。

こうして今年のLOUD PARKも終わったのだがやはりメタル最高! でも2ステージ制だとどうしてもメロディアスハード系のバンドの出番が少なくなってしまう。去年の幕張の3ステージ制は見たいバンドが重複する贅沢な悩みはあったが、メタルの中でもいろんなタイプのバンドを観ることができて楽しかったな。また幕張開催してくれることを切に願う。

■Ozzy Osbourne
1. Bark At The Moon
2. Scream
3. Mr.Crowly
4. I Don't Know
5. Fairy Wear Boots
6. Suicide Solution
7. War Pigs
8. Shot In The Dark
9. guiter solo
10. Ironman
11. I Don't Wanna Change The World
12. Crazy Train
13. Mama, I Coming Home
14. Paranoid

■AVENGED SEVENFOLD
1. Nightmare
2. Critical Acclaim
3. Welcome to the Family
4. Beast & The Harlot
5. Buried Alive
6. So Far Away
7. Afterlife
8. God Hates Us All
9. Almost Easy

■ANGRA
1. Arising Thunder
2. Angels Cry
3. Carry On / Nova Era
4. Lisbon
5. Percucao / Awake from D.
6. Nothing to Say
7. Rebirth
8. Spread Your Fire
[PR]

by backyard_babies | 2010-10-23 19:12 | Live

「THE MONSTER」 by LADY GAGA

c0174153_05514.jpg踊るロックという言葉がぴったり合うと個人的に思っているLADY GAGAの2nd。1st程インパクトは強くないのは正直なところだが、彼女の魅力は十分に感じることができる。

自然とリズムとってしまうようなノリの良さを感じる"Bad Romance"、なんだか口ずさんでしまう"Alejandro"とかちょっと気になるメロディが入っている。

奇抜な衣装やPVでのセクシーさが話題になることが多いけど、実力者だと思う。

今作は少し大人っぽくなったような、聞かせるタイプの曲が多い気がする。歌が上手いことを改めて感じることが出来る。気に入った曲は以下の通り。

1. Bad Romance
2. Alejandro
3. Monster
4. Speechless
5. Dance In The Dark
[PR]

by backyard_babies | 2010-03-23 00:15 | Music

「The Fame」 by LADY GAGA

c0174153_121313.jpgいつもHR/HMばかりだが別にジャンルに拘っているわけではない。聞いていいものは何でも聞くという雑食系である。LADY GAGAはPVとかが奇抜で話題になっているということで前から一度聞いてみたかった。

まず聞いてすぐ思ったのが、Gwen Stefaniに雰囲気似てるなぁってことだ。以前タワレコの「踊れるロック」コーナーに飾られていただけあって、自然とからだが揺れてしまいそうなノリがある。

あと楽しい気持ちになれる曲が多い。ちょっとピコピコした感じもいいし。グウェンもそうだけど、やっぱ声がいい。基本は透明感のあってきれいで聞きやすく、ちょっとセクシーさがあるそんな声だ。

いろんな要素を曲に取り込んまれていて、短い曲がたくさん収録されているので、次から次へと楽しめて飽きない感じだ。気に入った曲は以下の通り。

1. Just Dance
3. Paparazzi
4. Poker Face
6. Eh, Eh(Nothing Else I Can Say)
11. Boys Boys Boys
14. Summerboy
16. Again Again
[PR]

by backyard_babies | 2009-12-10 01:03 | Music