タグ:Movie(ハ行) ( 40 ) タグの人気記事

「パイレーツ・オブ・カリビアン ~生命の泉~」

c0174153_0105253.jpg
シリーズ第4弾で3D化された。また新たなストーリーの始まりとなり迫力ある映像を期待した。これまでの作品よりも映像がきれいなイメージがあった。

人魚が現れるシーン等はきれいだったし、躍動感もあった。ストーリーとしては実在した海賊、黒ひげのティーチが登場したりと、設定や登場人物は良かったのだが、あまり印象に残らなかった。

ペネロペ・クルスも悪くないけど、個人的にはキーラ・ナイトレイの勝気な感じの方が雰囲気が合っていると思う。それなりに楽しかったんだけど、期待が大きかった分ちょっと物足りなかったかも。

黒ひげ役のイアン・マクシェーンはなかなか迫力あった。全体として個人的にはちょっと長く感じた。でももう1度観てみたいかな。
[PR]

by backyard_babies | 2011-06-09 00:11 | Movie

「ベンジャミン・バトン」

c0174153_0535218.jpgブラッド・ピット主演の、年老いて生まれて徐々に若返っていく男を描いている。自分だけが時を遡るように若返ることで、親しい人との別れを経験ししていく。

小さい頃に出会った少女と再会し、歳が近づいていき愛を育むようになるが、その後、歳が離れていくことが二人の課題となる。

幼いころの純粋な気持ちのやりとりがほのぼのしてて良かった。彼の周りを囲む人の優しさがあたたかい。

愛が大きければ、悲しみや痛みも大きくなる。それがわかっていても相手を求めてしまう。決して温かいストーリーではないし、必ず何かが残るとも言えないが、一度は見てもいい作品かも。
[PR]

by backyard_babies | 2011-03-29 00:54 | Movie

「パラノーマル・アクティビティ」

c0174153_082976.jpg
久しぶりにホラー映画を見た。とある若いカップルの家の中での超常現象を寝室に設置した固定カメラの映像で観客を静かな恐怖へ導いていく。

フェイク・ドキュメンタリー方式で、深夜に不審な物音などをよりリアルな雰囲気で感じさせる。過剰な演出をしなかったことが恐怖を増大させている。

固定カメラでの深夜の録画シーンは息をのむという表現がぴったりくる。今夜自分の部屋でも起きるんじゃないかということを感じさせる、あり得そうな恐怖がそこにある。

スピルバーグが絶賛しただけのことはある。第二弾がアメリカ版と東京版があるらしいのでどちらも見てみたいな。
[PR]

by backyard_babies | 2011-01-11 00:08 | Movie

「秘密」

c0174153_14331645.jpg東野圭吾の代表作の映画化。原作は2回くらい読んでる。先日ドラマも放送されていた。10年以上も前の作品だが一度見たいと思っていた。小林薫、岸本加世子、広末涼子が等身大の家族を演じている。

広末涼子は娘と母親の2役を決してうまく演じ分けているとは言えないけど、切ない表情や屈託のない笑顔など彼女の魅力は十分に出ていると言えるだろう。小林薫も変にかっこつけていないで普通の夫・父という感じをうまく出している。

全体を通してほのぼのとした雰囲気の中で、要所要所で避けては通れない問題と向き合いながら、それぞれが今後のことを考えていく。自分が小林薫の立場だったらちょっと辛いなとも思うが、人は前を向いて生きていかなればならない。

自分の力ではどうしようもないこと、理不尽なこと、不可抗力なことがいろいろある。それでもまっすぐ進んでいきたい。映画の最後の選択はこれで良かったのだと思いたい。
[PR]

by backyard_babies | 2011-01-04 00:13 | Movie(japanese film)

「バイオハザード3」

c0174153_1684683.jpgシリーズ第3弾。Tウィルスによる被害が世界中に拡大した後、砂漠化したラスベガスが舞台となっていて、2から引き続きアリスとカルロスがアンデッドと戦いながら、アンブレラ社に立ち向かう。

個人的には2のジルを3でも起用して欲しかったが、HEROSのアリ・ターラーがクレア役で登場したのは良かった。これまではアンデッドとの戦いがメインだったが、悪の根源であるアンブレラ社と戦うことで人類を救おうとするのだが、どんどん超人と化していくアリスはカッコイイ。ミラ・ジョボビッチの鋭い視線が印象的だ。

アンデッドが襲いかかる時の緊迫感や迫力あるアクションは見ていて面白い。自然と引き込まれる理由である。ラストの映像で続編は日本が舞台になるようなので非常に楽しみだ。その中で中島美嘉がアンデッドになる映像は彼女のもつ妖艶な雰囲気が見事にはまっていた。今後も楽しみだ。
[PR]

by backyard_babies | 2010-10-16 16:09 | Movie

「不都合な真実」

c0174153_263517.jpgアル・ゴア元副大統領が活動してきた地球環境問題に対する講演をドキュメンタリー映画化したもので、アカデミー賞受賞作品でもある。彼の講演は視覚的に工夫がされていて聞き手を飽きさせない。

ただのグラフや図だけでなく、アニメを利用したり誰でもわかることを意識している。地球温暖化問題についてはこの何十年間でどのような変化があったかが理解しやすかったし、これからの近い将来に危機感を抱くことができる。

宇宙からの衛星写真はさすがにインパクトが強く、夜間の先進国都市部の白い光とアフリカ大陸での山焼きによる赤い光の対比など、国ごとに環境に対する考え方が違うことを目の当たりにした。

アメリカが環境問題についてもっと考えなければならないということを前面に出しているが、どの数字の上位に常にJapanの文字があることは日本人として十分に認識する必要がある。

地球を1つの生命体と考える"ガイア"というものがあるが、地球人として未来を守っていかなければならないと感じた。どの世代の人にも見て欲しい作品だ。
[PR]

by backyard_babies | 2010-05-21 02:07 | Movie

「パイレーツ・オブ・カリビアン ~呪われた海賊たち~」

c0174153_011793.jpgシリーズ第一弾。エンターテイナー性が高く、スケールの大きい大作だ。大海原への航海シーンや戦闘シーンは迫力あるし、映像も綺麗で見やすいし、中世の衣装等の雰囲気もいい。

ジョニー・デップ、オーランド・ブルーム、キーラ・ナイトレイのキャラクターがそれぞれ確立していて、相乗効果を与えている。どこかふざけた雰囲気と海賊としての自分の道を持っているジャック・スパロウ船長。

とても美しくて芯が強く内に女性らしさを秘めたエリザベス、真面目でまっすぐでやさしさを持ったウィル・ターナー、見ているものを惹きつける演者が揃っている。

ストーリーもシンプルだし、登場人物は多いがそれぞれの立ち居地も分かりやすいので、長編だが長いと感じさせない。厳かで大げさなくらいの音楽が映像をより迫力あるものにしている。

何回か見ても、暫らく経ったらまた見たくなるシリーズだ。ストーリーが分かっていても見たくなるというのはいい作品である証拠だと思う。
[PR]

by backyard_babies | 2010-04-07 00:02 | Movie

「ファンタスティック4 銀河の危機」

c0174153_0193127.jpgシリーズ第2弾。特殊能力をもった4人が地球の危機に立ち向かうが…。第1弾を観たことがなかったがコメディの要素も多いし、VFXの迫力や映像の綺麗さが見ていてすごいと思う。

疲れてるときとかはこういう分かりやすい映画を観るとすっきりする。物語としてのクオリティは決して高くは無いが、それぞれの特殊能力を最大限に映像化しているので、映像としては面白い。

アメコミだから仕方ないのかもしれないけど、特殊能力をよりうまく利用したストーリーが作れれば面白いものになると思う。
[PR]

by backyard_babies | 2010-04-02 00:21 | Movie

「ハンサムスーツ」

c0174153_1705762.jpg

ブサイクな男がハンサムになれるスーツと出会い、ハンサム男に変身するという話だけを聞くと軽い映画かなって思ったけど、見た目にスポットを当てることで、本当に大切なものが何なのかということを描いている。

男も女も見た目じゃないとか綺麗事を言う気はないけれども、実際に心に響くことっていうのは見た目からくるものではない。自分が自分らしく、一緒にいると笑顔になれる相手といられることの幸せを伝えている。

谷原章介が持ち前の爽やかさと明るくコミカルな演技を見せてくれる。ドランクドラゴン塚地の暑苦しさの谷原との対比が面白い。森三中の大島も地のままの明るくて思いやりのある女性をうまく演じている。でもやっぱり北川景子のナチュラルメイクはかわいいな。

こういうまっすぐな恋愛を描いたものを見ると、見失いがちなことを思い出すことが出来る。
[PR]

by backyard_babies | 2010-03-13 01:42 | Movie(japanese film)

「フラガール」

c0174153_17345485.jpg

炭鉱の閉鎖の波が押し寄せる中、常磐ハワイアンセンターの立ち上げと共にフラダンスショーの開催を描いた実話を基にした映画である。

もう見るのは何回目だろう。見るたびに涙してしまう。とても愛に溢れた素敵な映画と言えるだろう。女性の友情、家族愛が表現されていて、涙を誘うシーンがいくつもある。

主人公で初心者だがフラダンサーを目指す紀美子、フラダンスの講師まどか、紀美子の母、3人の気の強い女性がそれぞれの持つ想いを、それぞれの表現の仕方で表しているのがいい。そこに相手を想う気持ちの強さを感じる。

ダンスをしている時の蒼井優が本当に綺麗だった。華麗なステップや細いからだに表れる女性らしいしなやかなラインが印象的だ。松雪泰子が気の強くて、ちょっと誤解されやすいが、思いやりがあって情に厚い魅力的な女性を演じている。
[PR]

by backyard_babies | 2010-03-09 00:12 | Movie(japanese film)