タグ:Movie(サ行) ( 32 ) タグの人気記事

「ゼロ・グラビティ」

元旦早々、今年最初の映画を観ることに。何かで小耳に挟んだのだが、あまり評価が高くなかったのように聞こえたのであまり期待していなかったので、TOHO系の普通の映画館(八千代)で鑑賞することにした。

c0174153_17595293.jpg

しかし良い意味で期待を裏切られることになった。通常の映画館での3Dは妙に画面が小さく感じることが多いのだが、舞台が宇宙なので暗闇になる部分も多いことから、画面を小さく感じることが全然無かった。

しかも宇宙の広い空間や衛星の破片が飛んでくる様子等が迫力ある映像で観ることができた。ほとんどが宇宙の中での映像になる。この極端さが良いのかもしれない。

中途半端にいろんな要素を取り入れるとろくなことにならないが、宇宙に放り出された科学者や飛行士が生還するために苦悩し、その方法を見つけ出すため困難に立ち向かう。そこだけをフィーチャしてコンパクトにまとめた作品だ。

サンドラ・ブロック、ジョージ・クルーニーの共演ということだったが、サンドラ・ブロックの独演に近い。素直に面白かった。
[PR]

by backyard_babies | 2014-01-01 23:59 | Movie

「シルク・ドゥ・ソレイユ 3D 彼方からの物語」

シルク・ドゥ・ソレイユの世界を映画館で楽しめるということで早速観てきた。3Dということで奥行きがあるダイナミックな映像が目の前に広がり、公演を生で観るのとは違う迫力を感じることができた。
c0174153_23563095.jpg

ドキュメンタリーでないところも嬉しい。ドキュメンタリーだとどうしても生で観るのが一番ということになってしまうから。ふと足を踏み入れたサーカスで、空中ブランコの青年と出会い、そこから異世界に迷い込んでいき、美しい世界が広がっていく。

いつか観に行ってみたいラスベガスの"O"が、この映画の中で楽しめる。水の舞台はきらびやかでそして美しい。人の美しさを際立てるといってもいいだろう。3Dだと奥行きと手前にも水の世界が広がっているように見えて、視線が水面と同じ高さになったりすると臨場感が素晴らしい。

そして、後半にビートルズの曲をテーマにしていて、さわやかな曲調と明るい雰囲気が楽しい気持ちにさせてくれる。この世界に迷い込みたくなる。92分という時間があっという間に過ぎてしまった。

もう1度くらいゆっくりと観なおしてみたいなぁ。これは映画館で観なきゃ意味がない。
[PR]

by backyard_babies | 2012-11-19 23:56 | Movie

「スノーホワイト」

白雪姫って言うとなんだかメルヘンチックな感じだと思ったが、そこはやはり日本とアメリカの違いなんだと思う。
c0174153_23542534.jpg

魔女に林檎を食べさせられて深い眠りについてしまうかわいらしいお姫様ではなく、そこに描かれていたのはジャンヌダルク顔負けの強い女性だった。

しかし、女性の美しさを保つには若い女性の命が必要となるとは、それだけ価値があるものということなのだろう。見た目の美しさだけでなく内から滲み出る美しさも大切だと思うが。

いろんな解釈からうまれたストーリーだと思うが、もののけ姫を彷彿するシーンがあったり、ロードオブザリングのようなシーンがあったり、なんだかいろんな映画のシーンの寄せ集めのようにも感じてしまった。流山にて
[PR]

by backyard_babies | 2012-07-17 00:00 | Movie

「シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム」

c0174153_01139100.jpg
前作は観ていなかったのだが、まぁ、大丈夫だろうと思い観に行った。ただ先に結論を言ってしまうと期待したものと違った。

もっとサスペンスというか推理の部分が多く描かれるのだろうと思っていたが、アクションに力を入れた作品だったからだ。もともとそういう作品だったのかもしれない。

個人的にはアクションはあってもいいんだけど、コロンボだったり、コナンであったり、推理を働かせる様子が好きで、すこしずつ点と点が線になるのが楽しいのだけど。

やっぱりちゃんと内容は調べた方がいいな。これはこれで途中まで面白かったんだけど、長かったのが辛かった。他にも観たい作品があっただけにちょっと残念な結果だった。流山にて。
[PR]

by backyard_babies | 2012-03-13 00:12 | Movie

「シンプルプラン」

c0174153_019846.jpg偶然、大金をみつけてしまった人間たちが、徐々に欲に目がくらんでいく様子が描かれている。金は人を狂わせ、その為にさらに罪を重ねていく。

人生に満足している人間はなかなかいない。皆どこかに不満を抱えている。それが表面に出てきて、人間関係はどんどん悪くなっていく。

見ているとなんだか悲しくなってくる。金に目がくらみ、お金で満たさせることだけを重視して、本当に大切なことを忘れていく。

映画の出来云々ではなく、見終わった後の焦燥感というか喪失感を考えると、見なければ良かったかも。
[PR]

by backyard_babies | 2011-01-24 00:19 | Movie

「少年メリケンサック」

c0174153_0411993.jpg
宮藤官九郎脚本・監督のハイテンションコメディ作品。宮崎あおい扮するレコード会社の契約社員がネットのライブ映像で見て契約しようとしたバンドが、実は25年前の映像で…。

宮藤官九郎らしいドタバタさと勢いを感じる。パンクの激しさをかなり誇張した作品になっているが、青春時代のボーカルを銀杏BOYZの峯田和伸が演じていて、よりリアルに思いのたけを叫ぶ様子が描かれている。

佐藤浩市がこの手の作品に出るのはちょっと意外だけれども、彼の持つ強い男臭さがいつまでもパンクにこだわるロッカーにハマっている。

随所に笑いをちりばめているし、内容としても個性豊かなキャラクターは見ていて楽しいし、落ちぶれた中年達を応援したくなり、変わっていく彼らに見入ってしまう。

久しぶりに銀杏BOYZ、GOING STEADY、BLUE HEARTSを聞きたくなった。パンクはいいね。
[PR]

by backyard_babies | 2011-01-13 00:41 | Movie(japanese film)

「深呼吸の必要」

c0174153_1444173.jpg

いろんな過去や悩みをもつ男女が沖縄のさとうきび刈りにやってきて、少しずつ交流を深めていく。香里奈、谷原章介、成宮寛貴、長沢まさみ、大森南朋といった豪華メンバーの共演は見ものだ。

大自然の中で一つの目標に向かってみんなで何かに打ち込むということの素晴らしさや、誰もが抱える悩み等との向かい合い方を感じることができる。辛いときは逃げ出してしまうこともある。それでもまた向き合うことができればそれでいい気がする。

何もかもが正しくある必要はない。何が正しいかは他の誰でもなく自分が決めることだから。なんかいつもと違うところに行きたくなる作品だ。
[PR]

by backyard_babies | 2010-11-30 00:37 | Movie(japanese film)

「シャッターアイランド」

c0174153_06209.jpg「誰も信じてはいけない」。その言葉の通り、何が本当で何が非現実なのかがわからなくなる。レオナルド・ディカプリオがちょっと病的な追い込まれた保安官の役を熱演している。

映画のところどころにちょっとした疑問を感じるところがあり、それが最終的な事実へつながっていく。それが解き明かされていくと、なるほどと感心する。

しかしながら最後にまたそれすらも塗り替えるような終わり方をするのも面白い。目に見える事実が描かれているのではなく、主人公の主観を映像にしているので事実だけでなく幻影も描かれる。

ちょっとやりすぎな感じもあるが、いろんな意味で挑戦的な作品である。そのチャレンジは評価に値する。強力な演技派の役者が1人でもいればもっと面白くなっただろう。
[PR]

by backyard_babies | 2010-11-24 00:07 | Movie

「サウンド・オブ・カラー 地下鉄の恋」

c0174153_117379.jpg香港映画にしては珍しいメルヘン要素を取り込んだ作品。天使が2組の男女の恋のきっかけをつくって、徐々にお互いが惹かれ合っていく様子を描いている。

目の不自由な女性と結婚相談所で働く男性のピュアな恋と、失恋した男女が少しずつ前を向き、新しい恋に歩みだす様子が爽やかに描かれていて、アニメーションを部分的に取り入れたりしてかわいい映画とも言える。

おそらく日本では未公開であり、知名度はほとんどないだろうが、なんだか心温まる映画だ。カメラワークもちょっと面白かったりもして、独特の世界観が表現されている。

ただ手をつなぎたいって、純粋に想える相手に出会うことの素敵さを感じさせてくれる。
[PR]

by backyard_babies | 2010-07-27 01:18 | Movie

「セックス・アンド・ザ・シティ」

c0174153_1343917.jpg大ヒット海外ドラマの劇場版第一弾。深夜テレビでドラマ放送されていて一度見たが、女性のためのドラマって感じであまり感情移入もできなかったし、出演者の年齢層が高いこともあり、それ以降見ることはなかった。

個性的なキャラクターの4人の女性の恋模様を赤裸々に描いている。女性はプライベートなことを結構細かいところまで友達と共有するから感情豊かなのかもしれない。友達のことにも自分のことのように考えられるのはすごいと思う。

男はやっぱり気恥かしくてなかなか恋愛を相談するということはしないし、プライベートなことにはあまり立ち入らないようにする部分もある。多少個人差はあるが。これだけ日本でもヒットするのだから共感するところがあるのだろう。

これだけ感情むき出しだと2時間でおなかいっぱいな感じになるなぁ。唯一シャーロットだけはカワイらしさを持った女性と感じることはできたけど…。あくまでの女性の為の映画だな。
[PR]

by backyard_babies | 2010-06-11 01:35 | Movie