カテゴリ:Movie( 120 )

「トランスフォーマー ロストエイジ 3D」

前3作とキャストを一新して、前回の作品から4年が経過したことなっていた。

c0174153_1841273.jpg

新たな敵が出現し、オートボットと人間が闘うことになった。キャストが変わりアメコミらしさが減ったのはちょっと残念な気持ちになった。

3Dによる迫力はすごく、物が飛んできたり、奥行きを感じたり、疾走感を感じた。ダイナボットという恐竜型の金属生命体が出てきて、その動きや破壊力が見ていておもしろかった。

今後も続編が作成されていくのかもしれないが、次も見たいという気分まではならなかった。映画の世界に引き込まれるほどではなかったからだ。

全体としてちょっと長かったかなぁ。アクション映画はあまり長くない方が飽きがこなくていいと思うのだけど。
[PR]

by backyard_babies | 2014-08-11 18:40 | Movie

「アナと雪の女王」

c0174153_1771216.jpg

結構話題になっているということで見てみることに。あまり吹き替えは見ない方なのだが、アニメであれば元の声を気にすることもないのでいいかと。ほとんど前知識を備えずに見たので、CMのイメージ通り雪の女王が主役なのかと思ったら、主人公はアナでした。

CGアニメなので、立体感があり、まるで人形がしゃべっている感じである。以前は海外アニメの絵があまり好きではなかったけど、最近は随分かわいい感じになっていて見やすくなったと思う。

エルサの声の松たか子の歌声も良かったけど、何気にアナの声の神田沙也加の歌声の方が声量もあるし、吹き替え自体もうまく感じた。最初はどこかの声優さんがやっているのかと思ったくらいだ。ラストでMay.Jの主題歌が流れるとやっぱプロは違うと思ったのも事実だが。

ストーリー自体がわかりやすいので、会場には子供もたくさん来ていた。アナは「愛とは何か」、エルサは「自由とは何か」の答えを見つけるために困難に立ち向かう。

この手の映画はハッピーエンドなので、安心して見ていられる。今回のNo.1キャラクターは間違いなくオラフだ。
[PR]

by backyard_babies | 2014-03-31 17:07 | Movie

「ゼロ・グラビティ」

元旦早々、今年最初の映画を観ることに。何かで小耳に挟んだのだが、あまり評価が高くなかったのように聞こえたのであまり期待していなかったので、TOHO系の普通の映画館(八千代)で鑑賞することにした。

c0174153_17595293.jpg

しかし良い意味で期待を裏切られることになった。通常の映画館での3Dは妙に画面が小さく感じることが多いのだが、舞台が宇宙なので暗闇になる部分も多いことから、画面を小さく感じることが全然無かった。

しかも宇宙の広い空間や衛星の破片が飛んでくる様子等が迫力ある映像で観ることができた。ほとんどが宇宙の中での映像になる。この極端さが良いのかもしれない。

中途半端にいろんな要素を取り入れるとろくなことにならないが、宇宙に放り出された科学者や飛行士が生還するために苦悩し、その方法を見つけ出すため困難に立ち向かう。そこだけをフィーチャしてコンパクトにまとめた作品だ。

サンドラ・ブロック、ジョージ・クルーニーの共演ということだったが、サンドラ・ブロックの独演に近い。素直に面白かった。
[PR]

by backyard_babies | 2014-01-01 23:59 | Movie

「メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー」

c0174153_21503120.jpg

メタリカの3D映画が公開になったということでどんなものに仕上がっているのか観に行かねば、と新木場109シネマズにやってきた。IMAX 3Dプロジェクターという、卓抜した明るさと明瞭さのある3D画像やデジタルリマスターしたサウンドシステムを備えたシアターだそうだ。一切割引がきかないのでちょっと失敗したかと思ったのだが映画を観た後にそんな思いはふっとんでいた。

ストーリーは、メタリカのローディーの青年が受けた指示、ライブ会場に向かう途中で故障したトラックに置き忘れた、メンバーにとって大切なある荷物を取ってくるというものだ。ただこの映画ほとんどがメタリカのライブシーンで、主人公や他の登場人物の台詞もとても少ない。指示を受けてから戻ってくるまでの間、いろんなことに巻き込まれるがそれが何でどうしてといったことに対する説明は一切ないのだ。

それも今回の映画を作る上でのコンセプトなのかもしれない。見ている人にあれは何だ? あの中に入っているものは? と気にさせたり、別の世界に入り込んでしまったのかとか、いろんなことを考えさせたかったのかもしれない。Power Rock Todayで映画を観たリスナーの話が紹介されていたが、みんな映画を観た後同じ疑問を抱いていた。

ほぼ壁一面がスクリーンになっていて(全ての席から見やすいように曲線状のスクリーンを使用している)、音もクリアで迫力があった。映像の綺麗さは驚くほどだった。これまで3D映画をみるとスクリーンに対して小さく見えたりして奥行きや立体感はあるけど、迫力に欠けることがあったが、こんなに迫力がある映像を観られるなんて割引がどうのこうの言ってた自分が恥ずかしいくらいだ。

過去メタリカのライブは3回見ているが、サマソニ(マリンスタジアム)2回、さいたまスーパーアリーナ1回、全てスタンドからだった。360度あらゆる角度から撮影されて、こんな近くでメタリカのライブを観れるだけで嬉しくなった。隣の人もそうだが、手や足が自然とリズムをとってしまう。何度拳やメロイックサインを突き上げようとしたことか。一度でいいからこの距離で彼らのライブを観てみたい。

個人的には"Fuel"、"One"、"Master Of Puppets"、"Nothing Else Matters"、"Enter Sandman"、"Orion"がとにかくかっこいいと思った。ジェームスはもちろんだが、ロバート・トゥルージロが丸太のように太い腕で弾くベースが印象に残った。この映画の為の特別なライブだったらしいが、この会場に一緒に居ると感じさせてくれる映画だった。映画ではなく、ライブメインのミュージッククリップのようなものだ。とにかくかっこよかった。映画館でメタリカのTシャツも販売していた。セットリストは以下の通り。

1. The Ecstasy Of Gold
2. Creeping Death
3. For Whom The Bell Tolls
4. Fuel
5. Ride The Lightning
6. One
7. The Memory Remains
8. Wherever I May Roam
9. Cyanide
10. …And JusticeFor All
11. Master Of Puppets
12. Battery
13. Nothing Else Matters
14. Enter Sandman
15. Hit The Lights
16. Orion
c0174153_21504974.jpg

[PR]

by backyard_babies | 2013-12-01 21:49 | Movie

「オズ はじまりの戦い」

オズの魔法使いの話も知らないので、どういうストーリーなのかワクワクしながら3D映画を楽しむことに。
c0174153_2259413.jpg

これまでの3D映画はどちらかというと奥行きを感じることが多かったが、今回はマジックを中心とした映画なのでいわゆる飛び出すような立体感を感じるシーンが多い。子供の頃3D映像が世に出始めたときに感じた気持ちを思い出す。

どこか憎めないキャラのマジシャンがひょんなことから魔法の国オズを訪れることになり、奇術を使うことで魔女と戦い、国を守っていくというお話。

スパイダーマンで主人公の親友役を演じていたジェームズ・フランコが奇術師を演じているのだが、雰囲気はパイレーツオブカリビアンのジャックスパロウって感じ。いい味出してます。

観ていて感情が高まったりという部分は少ないが、観終わった後に爽快感がある作品である。
[PR]

by backyard_babies | 2013-03-27 22:59 | Movie

「レ・ミゼラブル」

映画館でのちらしやCMを見て、公開が待ち遠しかった。そして結果として期待以上の作品に仕上がっていて、きっとDVD等が発売されたら購入してしまうだろうと思う。
c0174153_23411084.jpg

ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイ、この3人の圧倒的な演技力がこの作品に力強さを与えている。歌唱力も高く感じた。

心が震える、その言葉がふさわしい作品である。途中から涙をこらえることができなかった。歌うだけでなく、そこに込められた強い想いが心に響くのだ。

パンを盗み19年間も刑務所にいたジャン・バルジャンが仮釈放されてからの人生を描いた作品である。ミュージカルの定番とも言える作品だが、実はその内容を知らなかった。

だからこそ、この作品に新鮮な気持ちで向き合うことができたのかもしれない。ただストーリーを知っていても十分に楽しめる。こんなにも心を揺さぶらせる歌声を聞けるのだから。

物語のクライマックスで人々が歌う「民衆の歌」は忘れられない1曲である。素直に感動した。言葉で言い尽くせない。最後の最後に観た作品が自分の中での今年一番の作品となった。
[PR]

by backyard_babies | 2012-12-31 23:42 | Movie

「シルク・ドゥ・ソレイユ 3D 彼方からの物語」

シルク・ドゥ・ソレイユの世界を映画館で楽しめるということで早速観てきた。3Dということで奥行きがあるダイナミックな映像が目の前に広がり、公演を生で観るのとは違う迫力を感じることができた。
c0174153_23563095.jpg

ドキュメンタリーでないところも嬉しい。ドキュメンタリーだとどうしても生で観るのが一番ということになってしまうから。ふと足を踏み入れたサーカスで、空中ブランコの青年と出会い、そこから異世界に迷い込んでいき、美しい世界が広がっていく。

いつか観に行ってみたいラスベガスの"O"が、この映画の中で楽しめる。水の舞台はきらびやかでそして美しい。人の美しさを際立てるといってもいいだろう。3Dだと奥行きと手前にも水の世界が広がっているように見えて、視線が水面と同じ高さになったりすると臨場感が素晴らしい。

そして、後半にビートルズの曲をテーマにしていて、さわやかな曲調と明るい雰囲気が楽しい気持ちにさせてくれる。この世界に迷い込みたくなる。92分という時間があっという間に過ぎてしまった。

もう1度くらいゆっくりと観なおしてみたいなぁ。これは映画館で観なきゃ意味がない。
[PR]

by backyard_babies | 2012-11-19 23:56 | Movie

「ROCK OF AGES」

公開前からトムクルーズの演じる役についていろいろ話題となっていた。アクセル・ローズのところでボイストレーニングを実施したというのだから、この役にかける想いの強さがうかがえる。
c0174153_23594045.jpg

映画のテーマソングになっているGUNS N' ROSESの"PARADISE CITY"をトムクルーズが歌っているのだが、これが結構うまい。実際の演技はというと、かなりイっちゃっている感じの'80~'90のロックスターをコミカルに演じている。

ライブシーンなんかは結構さまになっていて、かなり鍛えたと思われる身体も雰囲気があった。あの時代のギラギラしたROCK! 酒、セックス、ドラッグ、奇抜なファッション、映画の中でこれでいっぱいになっている。

ROCKで溢れているミュージカル映画なので、気持ちが上がるし、とにかく楽しい。TOWERRECORDSの店内のBGMにSKID ROWの"I Remember You"が流れていたのも嬉しかった。BON JOVI、DEF LEPPARD、TWISTED SISTER、WHITESNAKE、JOURNEY、SCORPIONS等聞きなれた曲が流れる。

DVDが出たらミュージックビデオとして購入するもの"あり"だと思う。ストーリー云々ではなく、とにかく楽しい気分になるので何度でも観たいと思った。キャサリン・ゼタ・ジョーンズやアレック・ボールドウィンもかなりの怪演だっと言える。面白い。

青春時代というとちょっとくさいかもしれないけど、CD1枚買うのにもいろいろ考えて、同じCDを何度も聞いていたあの頃の懐かしい気持ちを思い出した。どうしても気に入った曲ばかりを聞いてしまうが、いろんなCDを引っぱり出してみようと思った。流山にて。
[PR]

by backyard_babies | 2012-09-24 00:01 | Movie

「バイオハザードV:リトリビューション」

先日TV放映されたバイオハザードⅣを見たら、Ⅴの映像も流れていて、思わず次の日には映画館に駆け込むこととなった。このシリーズは1、2のインパクトが強く、正直Ⅲ、Ⅳは「あれ?、どんなだったっけ?」と思ってしまう。
c0174153_19103879.jpg

しかし映像の迫力という点ではⅠからずっと向上し続けている。今回のⅤでも期待を裏切らなかった。3Dで見ると武器やら銃弾やらいろんなものが自分にめがけて飛んでくるし、どんどんスピードアップしてくるアンデッドにちょっと焦る。

これまでのシリーズで死んだ人が出てきたり、アリスに子供がいたり、クローンって発想をもちいるともう何でもありになる。それでもこのスリルを味わえるのなら映画館に来る価値があると個人的には思える。

家でDVDとかで見たら、もっと冷静になって、ストーリーが…とか言っちゃうかもしれないけどね。豪華キャストで迫力ある映像、中島美嘉のゾンビ、これだけで十分話題性があるし、楽しめる。

シエンナ・ギロリーがジル役でまた登場してくれたのもうれしい。まだ続きそうな雰囲気があった。続編をまた見てしまうだろう。市川にて。
[PR]

by backyard_babies | 2012-09-21 19:11 | Movie

「アベンジャーズ」

c0174153_233727.jpg
噂のアメコミヒーロー勢揃い映画を観に行った。アメコミ実はあまり知らない。スパイダーマンが出ていないということもちょっと残念だ。アイアンマンと超人ハルクは知ってるけど、後は全く知らない。

3Dメガネを持参していったら、ハルクをイメージした緑色の3Dメガネを貰った。色的にちょっとと思ったが、映画を観終った時にハルクのファンになっていたのでこの3Dメガネを貰ったことが嬉しかった。

c0174153_23382171.jpg映画自体は地球に攻めてきた地球外生命体をヒーローが集結して戦うが、個性豊かな為、チームとしてまとまらず苦戦し、それでも少しずつお互いを認め合い…みたいな感じ。まぁ、アメコミの定番ストーリーです。

それぞれのキャラがしっかり確立しているし、コメディ要素もちょこちょこ入っているので、迫力ある映像だけでなく楽しめる部分もたくさんあった。単純に楽しめる作品である。続きも期待する。今度はスパイダーマンも入ってくれないかなぁ。有楽町にて。
[PR]

by backyard_babies | 2012-08-25 23:39 | Movie