「フルスピード 悪魔のフル・チューン」

c0174153_16643.jpg全く期待していなかったのだが、見出したらそのテンポの良さと展開の早さに見入ってしまった。最初映像のクオリティや髪型、ファッション等から古い映画かと思ったのだが、2005年の作品ということでビックリした。ドイツ映画だから?

再就職したドライバーがその会社の社長婦人の誘拐犯に仕立て上げられてしまい…。ドライバーと社長婦人、誘拐犯に仕立て上げる犯人、社長の企み、友人の協力、警察の捜査とさまざま登場人物の行動が少しずつ繫がっていくのが面白い。

物語は車に閉じ込められることからずっとカーアクションが続くので、スピード感や次々へと起こる障害がスリルをうむ。いがみ合っていたドライバーと社長婦人が徐々に打ち解け協力していく様子がありがちだけどいい。

CGを使わない映像が迫力や映像美には欠けるがリアル感が出ていて良かった。犯人とか警察とか登場人物がちょっとマヌケさがあるのが変にシリアスにならなくていい。すごい面白いとかではないけど、たまにはこんな映画もいいよねって感じ。個人的にはドイツのレンガ等の石を使った建物の街並みがたくさん見れて良かった。
[PR]

by backyard_babies | 2010-02-26 01:06 | Movie