VOLBEAT JAPAN TOUR 2014  2014.2.15

整理番号10番ということで最前確保するために、開演1時間前に渋谷CLUB QUATTROに到着。こんな早くから人はあまりいないだろうと思っていたら、エスカレータ上ると結構な人が既に着替えて開場待ちになっていた。少し驚きつつ、過小評価していた自分を反省。

去年のサマソニの時は厚さとお酒の酔いで気持ち悪くなって、演奏途中にアリーナから出ていってしまったので、今日はしっかり聞こうと思っていた。でもよく考えたら最前にいてゆっくり聞けるはずないだよなぁ。エアロの時が特別過ぎたから。

暗転と同時に後ろから押され、両脇のわずかの隙間から強引に腕をねじ込まれて、ぐいぐい押された状態で幕開け。でもやはり最前! こんな近くでメンバーを見られるのは非常にありがたいことだ。

c0174153_14254566.jpg

予習したセットリスト通り、 "Doc Holliday"、"Hallelujah Goat"と続く。個人的にはオープニングは"Hallelujah Goat"の方が盛り上がる気がする。何気のその後の"Radio Girl"もちょっとカッコ良かったりする。ただこのバンド似ている曲も多いので区別がつかない曲もちらほら。

やはりこのバンドで一番好きなのは"Lola Montez"。キャッチーなサビとノリの良さ。ここからの中盤の盛り上がりが一番良かった気がする。"Heaven nor Hell"もメロディアスだし、"16 Dollars"はテンポが良くてワクワクする曲だ。

基本的にメロディはいいし、十分にハードロックしてるので、前方の観客は特にノリノリで頭を振っている。後ろ振り返る余裕がなかったのだが、みんな拳を振り上げているだろう雰囲気を感じた。アンコールの"Maybellene I Hofteholder"や"Cape of Our Hero"も良かったな。

c0174153_14261693.jpg

メンバーもサービス精神旺盛で、元ANTHRAXのギターのロブ・カッジアーノは俺の顔を指差して、拳を合わせてくれた。ゴツンとちょっと痛いくらいで。こういうのはすごく嬉しいし、思い出に残る。マイケル・ポールセンも差し出した手をぺちぺちとタッチしてくれた。イイやつらだ。

最前だからなのか、このライブハウスのせいなのかはたまた機材のせいなのかはわからないが、全体的に高音ばかり聞こえて耳もぼわぼわしっちゃってたけど、楽しかったのでこれはこれで良し。セットリストは以下の通り。


1. Doc Holliday
2. Hallelujah Goat
3. Radio Girl
4. The Mirror and the Ripper
5. The Nameless One
6. Guitar Gangsters & Cadillac Blood
7. Sad Man's Tongue
8. Lola Montez
9. Heaven nor Hell
10. 16 Dollars
11. Dead but Rising
12. A Warrior's Call
13. Fallen
14. Mary Ann's Place
15. Pool of Booze, Booze, Booza
16. The Hangman's Body Count
Encore:
17. Caroline Leaving
18. Maybellene I Hofteholder
19. Cape of Our Hero
20. Still Counting
[PR]

by backyard_babies | 2014-02-16 14:21 | Live

the WiLDHEARTS Earth vs The Wildhearts 20th Anniversary Live 2013.4.15

ジンジャーはソロやMICHAEL MONROEで来日していたが、ようやくthe WiLDHEARTSとしてのライブを観ることができる。若い時にはまったバンドであり、以前はメールアドレスにもその名前を使用していたこともある。
c0174153_13212836.jpg

1stアルバムの再現ツアーということだったが、結果的には2時間半以上の演奏となり、楽しすぎるライブだった。プレスリーばりにおしゃれリーゼントを決めたジンジャーはかっこよくて目を奪われた。

そして楽曲の素晴らしさ。ノリが良くて楽しい気分になる曲ばかりだ。このライブのために1stアルバムを購入したのだが、初めて知った"Everlone"はコーラスが効いている。拳を振り、ジャンプする観客でいっぱいだ。
c0174153_1323189.jpg

"Suckerpunch"の時にできたモッシュピットでいろんな人に弾き飛ばされて、端っこの方に追いやられた。一緒にいたHも懸命に耐えていたが、気が付くと同じところまで逃げていた。もう笑うしかない。

知らない曲もいくつもあったが、それでもこんなに楽しい気分になれるとは。最近あまり聞いていなかったが、もっとたくさん聞く機会を設けようと思う。セットリストは以下の通り。

1. Greetings from Shitsville
2. TV Tan
3. Everlone
4. Shame on Me
5. Loveshit
6. The Miles Away Girl
7. My Baby Is a Headfuck
8. Suckerpunch
9. News of the World
10. Drinking About Life
11. Love U 'til I Don't
Encore:
12. Nothing Ever Changes but the Shoes
13. Schizophonic
14. Vanilla Radio
15. Someone That Won't Let Me Go
16. Hate the World Day
17. Naivety Play
18. Turning American
19. Sick of Drugs
20. Got It on Tuesday
21. Red Light Green Light
22. Beautiful Thing You
23. The Duck Song
24. Mood Swings & Roundabouts
25. Dangerlust
26. Geordie in Wonderland
27. 29 x the Pain
Encore 2:
28. Caffeine Bomb
29. I Wanna Go Where the People Go
[PR]

by backyard_babies | 2013-04-24 13:18 | Live

「FOREVERMORE」 by WHITESNAKE

c0174153_1259449.jpgLOUD PARK 11に合わせて購入した一枚だった。WHITESNAKEは昔の印象しかなかったので、現状はどんな音楽に変化しているのか。ちょっと楽しみでもあった。

全体的なイメージ言うと、明るい感じのメロディを持った曲はあまりなく、少しハードさのある曲やしっとりとしたバラードが印象的なアルバムとなっていた。

デイヴィッド・カヴァデールのちょっとブルージーなボーカルが、ぎゅわーんとした技巧派なギターのリフと合わさり、相乗効果を生み出している。メロディ自体はシンプルなものが多いが、手数の多いギターが曲に力強さと厚みを加えている。

昔のメロディアスさは少なくなってしまったが、かっこよさがプラスされた感じだ。ただ個人的には昔の曲調を求める気持ちが残っているのも事実だ。同じようなテイストの曲も収録されているがメロディが若干弱いのは否めない。

彼らも含め70年代、80年代から活躍しているアーティストには今後も頑張ってほしい。気に入った曲は以下の通り。

1. Steal Your Heart Away
3. Love Will Set You Free
4. Easier Said Than Done
7. One Of These Days
8. Love And Treat Me Right
13. Forevermore
[PR]

by backyard_babies | 2011-11-26 13:00 | Music

「STAGES」 by VEDERA

c0174153_04821.jpgタワレコでHR系の視聴コーナーに置いてあり何気なく聞いたら、その透明感のある声にすぐ魅了された。これはジャンルで言うと普通のPOP/ROCKに位置するだろう。

一番の魅力はヴォーカルだが、それを活かすだけの優しく美しいメロディラインがある。どちらかというと明るいというよりは刹那さや叙情的な要素が強い。

高音の使い方や歌い方、緩急のつけ方で明るくも切なくも聞こえる。ピュアとかクリア、純真といった言葉で曲が表現されることが多そうだ。ずっと流していられる曲と言える。

少なくとも自分はこのアルバムによって癒しをもらった。透き通る声だけど決して弱くない、むしろ声量があって時にパワフルに歌うこともできる、相当なポテンシャルを備えている。気に入った曲は以下の通り。

1. Greater Than
3. Satisfy
4. Forgive You
6. Back To The Middle
7. Even I
8. A World Apart
12. We Sing
[PR]

by backyard_babies | 2010-04-08 00:04 | Music

「!CHUTZPAH!」 by the WiLDHEARTS

c0174153_034170.jpg発売当初タワレコで視聴したとき、相変わらずのちょっとノイジーで疾走感のないどちらかというとグランジっぽい曲のように感じて購入することを止めたのだが、改めて聞いてみてだいぶ印象が違った。

まず感じたのはかなりメロディが良かったということ、ジンジャーのキャッチーなメロディセンスがいくつもの曲で感じられた。全盛期と比べてるとガツンとくる曲という意味では見劣りするがノリの良さは魅力だ。

何回か聞いてるとじわじわっと良さがわかってくる。このちょっとまったりした雰囲気が心地よくなってくるから不思議だ。遊び心満載な曲が多いからかな。

急に曲調が変わったりする独特の曲の構成はうまく機能しないときもあるが、今回は良い方に影響している。気に入ったのは以下の通り。

2. The Jackson Whites
3. Plastic Jebus
4. The Only One
9. You Took The Sunshine From New York
10. Zeen Requiem(Bonus Track)
[PR]

by backyard_babies | 2010-03-03 00:04 | Music

「ZENO」 by ZENO

c0174153_02894.jpgジーノ・ロートとウレ・リトゲン(現FAIR WARNING)が中心となって結成したバンド。BURRN!のレビューではかなりの高得点を獲得した作品。

ジーノらしい懐かしさを感じる古き哀愁のメロディがたくさん盛り込まれている。さすがは兄にウリ・ジョン・ロートを持つだけあって、壮大な雰囲気を持つ曲も入っている。スケールを感じさせる曲作りはお手の物なのかもしれない。

切なさを感じさせるメロディラインがところどころで琴線にふれる。速い曲は一切ないし、FAIR WARNINGのような現代の洗練されたメロディではないが、哀愁のメロディの原点と言えるのかもしれない。

いきなりガツンとくる良さではないが、じわじわと浸透してくる秀作である。気に入った曲は以下の通り。

2. A Little More Love
3. Love Will Live
4. Signs On The Sky
5. Far Away
6. Emergency
9. Circles Of Dawn
[PR]

by backyard_babies | 2010-01-06 00:28 | Music

「The End Of Life」 by UNSUN

c0174153_264048.jpg同じ部署の方から音源をもらった。よくゴシック系の情報を教えてくれる。ゴシック系はどうしてもどれも似てくるような気はするが、ハードなリフにきれいなボーカルがのる楽曲は、よりヴォーカルが透明感のあるものに感じる。

このヴォーカルは高音も出すがベースでやや低めの声をもっているようで力強さも声に表れている。曲調はダークというよりは切ない感じのメロディが強い気がする。少し早めの曲はバラードに近い曲などある程度のバリエーションに富んでいる。

曲もヴォーカルもクオリティが高いと思う。ただバリエーションの多さが焦点が定まらない感じもする。どの曲もいいが飛びぬけた曲がないことが残念。でも良い作品ではある。気に入った曲は以下の通り。

1. Whispers
3. Blindead By Hatred
4. Face The Truth
6. Destiny
8. Bring Me To Heaven
10. Closer To Death
[PR]

by backyard_babies | 2009-02-24 02:08 | Music