タグ:Movie(タ行) ( 25 ) タグの人気記事

「トランスフォーマー ロストエイジ 3D」

前3作とキャストを一新して、前回の作品から4年が経過したことなっていた。

c0174153_1841273.jpg

新たな敵が出現し、オートボットと人間が闘うことになった。キャストが変わりアメコミらしさが減ったのはちょっと残念な気持ちになった。

3Dによる迫力はすごく、物が飛んできたり、奥行きを感じたり、疾走感を感じた。ダイナボットという恐竜型の金属生命体が出てきて、その動きや破壊力が見ていておもしろかった。

今後も続編が作成されていくのかもしれないが、次も見たいという気分まではならなかった。映画の世界に引き込まれるほどではなかったからだ。

全体としてちょっと長かったかなぁ。アクション映画はあまり長くない方が飽きがこなくていいと思うのだけど。
[PR]

by backyard_babies | 2014-08-11 18:40 | Movie

「テラビシアにかける橋」

c0174153_23573657.jpgベストセラー児童小説を映画化したファンタジー系映画。学校でいじめらている少年と転校してきたちょっと風変わりな少女。二人は徐々に距離を縮めて、空想の国テラビシアを作り上げることで友情を深めていく。

人と違うことで仲間外れにされても、強い心で自分にとって大切なものを作り上げる少女をアンナソフィア・ロブが印象的に演じている。どこかキーラ・ナイトレイを彷彿させる。今後がたのしみな存在だ。

大人でも子供でも辛いことはある。でもそれで気持ちが落ちてばかりいたらつまらない。楽しいことややりがいとか少しでも前を向いていける時間を作っていきたい。そう感じる作品だ。

子供向けの映画って、大事なことをストレートに伝えてくれるから、たまに観ると妙に心に響くときがある。ちょっと気になるシーンもあったが、なかなか良かった。
[PR]

by backyard_babies | 2011-03-17 23:57 | Movie

「ダイハード 4.0」

c0174153_1343130.jpgシリーズ第4作。ジョン・マクレーンがサイバーテロ組織に立ち向かう。昔はちょっとおっちょこちょいな感じがあったが、すっかり渋さが定着している。

相変わらずのスリル満点のアクションが全編にわたって繰り広げられている。これまでに比べてカーアクションの割合が多くなったように感じなくもない。

ハッカーの青年とのコンビも面白く、次から次へのピンチが続く様子は見ている側を飽きさせない。どんどん引き込まれていく。スマートさがなく、いつも必死でなんとか切り抜けていく様子は好感を覚えるからなのかもしれない。泥臭いヒーロー。
[PR]

by backyard_babies | 2010-12-25 13:43 | Movie

「天使の恋」

c0174153_15123933.jpg

佐々木希と谷原章介主演のラブストーリー。いじめ、援助交際、恐喝といった環境に身を置いている女子高生が大学講師と出会い、純粋に恋する気持ちを知る。

ストレートに好きという気持ちを伝える女子高生を初々しく演じているが、やはりセリフは棒読みっぽさが残るのが残念。携帯小説が原作のため、どこか展開が早いのと極端な印象がちょっとした。

悪くはないんだけど、やはりすんなり心に入ってこないんだよなぁ。映像化されるものに関してはきれいなものを求めてしまうところがあるのかもしれない。
[PR]

by backyard_babies | 2010-10-14 10:52 | Movie(japanese film)

「トリック 劇場版2」

c0174153_15264584.jpg
シリーズ第2弾。

今回も堤幸彦の独特の世界が繰り広げられる。

いつものように依頼がありとある島に赴いた売れないマジシャンと天才物理学者が詐欺行為を働く霊能力者の真相を暴いていく。

本編全編にちりばめられた笑いが面白く、良く見るといろんなところに手の込んだ仕掛けをしている。

そして最後はちょっとほろっとするシーンを入れてくる。いつもながらだけど期待通りである。

このシリーズは不思議な魅力がある。

ぶっちゃけちょっと飽きちゃったりもする時もあるし、でも見入っちゃうときもある。新作の映画もやっぱ気になる。
[PR]

by backyard_babies | 2010-05-29 00:28 | Movie(japanese film)

「デアデビル」

c0174153_0105167.jpgアメコミの映画化。でもこれまで存在も知らなかった。映画が始まってすぐに劇中で使われている音楽がHR/HM系であることでちょっと好感をもった。

ヒーローものだが、全体的に暗いイメージがある。正義のために悪に裁きを下すヒーローだが、そこには爽やかな雰囲気は描かれていない。基本的に復讐がテーマになっているせいかもしれない。

自分にとって大切な人を奪われ、正義とは何なのか、あるべき姿を模索していき、答えを導き出す物語はテーマとしてはいいと思うが、ゆきついた結果は間違っていないが、納得させられるだけの結末ではなかった。

観終わった後なんかすっきりしなかったなぁ。続編も期待できないかな。
[PR]

by backyard_babies | 2010-04-03 00:11 | Movie

「突入せよ!『あさま山荘』事件」

c0174153_16275911.jpg

言わずと知れた人質を誘拐して閉じ篭りを図ったあさま山荘事件を描いた作品。雪深い浅間山を見ると、初めてスノボーに行ったスキー場ASAMA2000のことを思い出す。行く途中に浅間山荘跡もあった。

やはり役所広司は存在感があり、リーダシップを発揮して目の前の問題に対応していく様を鬼気迫る演技でみせてくれる。天海祐希、宇崎竜童、伊武雅刀、藤田まこと、椎名桔平と豪華キャストである。

天海祐希のしとやかな妻役というのは普段の役柄とは違う一面を見られて良かった。しかし雪山という制約のある条件での銃撃戦等が迫力あるし、リアリティを追求している。

歴史的事件を映画を通すことで、事件の全貌を知ったり、違う視点で考えることができるのは意味がある。
[PR]

by backyard_babies | 2010-03-29 01:49 | Movie(japanese film)

「デトロイト・メタル・シティ」

c0174153_17455556.jpg

個人的に持っている漫画の映画版。HMを扱っている漫画なんて無いから興味本位で買ってから、くだらないんだけど、新刊が出るとついつい買っちゃうという状況が続いている。

映画もコミック同様にバカバカしいことこの上ないと思っていたが、それだけでなくちょっと感情移入してしまいそうな構成にしている。くだらないけどなんだか徐々にハマってくる。

どんな役でもチャレンジする松山ケンイチはさすがだ。しかも忠実にキャラを再現しているし。また松雪泰子のキレっぷりもすごい! この人の演技の幅は半端ないなぁ。普段はシリアスな役だったり、深みのある演技が魅力なのに、こんなハジけた役もできるなんて。

たまにはこういうクダラない映画もいいのでは? 優しくてかわいい感じのお母さん役の宮崎美子が映画の雰囲気とは真逆で、いい味を出している。しかしKISSのジーン・シモンズが出演してくれるなんて素晴らしい。
[PR]

by backyard_babies | 2010-02-27 02:03 | Movie(japanese film)

「トゥームレイダー2」

c0174153_0315826.jpgアンジェリーナ・ジョリーがトレジャーハンターに扮するアクション映画の第2弾。前作同様、アンジーの美しいシルエットを映し出すバランスの取れたスタイルが魅力的だ。

相変わらずのアクションのキレも良かったし、強くたくましいスーパーレディというのではなく、一人の女性としての脆さを感じさせるシーン等も入っていたのは面白かった。

舞台がギリシャからカザフスタン、中国、アフリカと変わっていき、その目的やつながりもあまり明確に伝わってこなかったのが残念だ。全体的にいろんな要素を取り入れすぎちゃったのかなぁ。

シンプルにアンジーのアクションを前面に押し出した方が良かったと思う。
[PR]

by backyard_babies | 2010-02-17 00:05 | Movie

「チェンジリング」

c0174153_2532516.jpgクリント・イーストウッドの監督作品は社会的テーマをもった作品が多い。今回も1900年代初頭のアメリカで起こった実話をもとにした作品だ。

息子を誘拐された女性が、数ヵ月後警察から全く知らない男の子を息子として押し付けられることに。今では考えられないことが当時のロスでは起きていた。ロス市警の不正を暴くことで権力を隠れ蓑にする不正に対する痛烈な批判をした作品とも言える。

アンジェリーナ・ジョリーが気丈な女性を鬼気迫る雰囲気を内に秘めた感じで好演している。他の映画での快活なイメージとは全く違っていて、その静かさが逆に怖いくらいだ。演技の幅を感じるし、新しい魅力に感じる。

こういった映画は今後も作られていかなければならないと思うし、個人的にもいろいろ観てみたいと思う。
[PR]

by backyard_babies | 2010-01-10 02:54 | Movie