笠ヶ岳登山 2014.9.14-15

三連休の二日目、笠ヶ岳を目指し中央道を走る。と言っても松本ICを降りたことも気づかず寝てしまっていた。新穂高ロープウェイの裏が登山口になるのだが駐車場が混んでいるようで渋滞に巻き込まれる。別の駐車場を案内してもらい、そこから登山口まで30分弱歩き登山開始。11時だ。

しばらくは林道を進む。登山口過ぎたのにアスファルトの上を歩くのはなんだか味気ない。しかも30分以上は歩く。途中から砂利道に変わる。
c0174153_15395744.jpg


ようやく山の中に入ると最初から傾斜がある道を登ることとなる。久しぶりのテント背負っての登山なのでなかなかハードだ。またこの道も長く続く。甲斐駒ケ岳か仙丈ヶ岳も最初こんな感じだったかも。
c0174153_15402535.jpg


大きな岩がゴロゴロと出てくると少しずつ登るのに体力を奪われていく。30分くらいで小まめに休憩をとらないとすぐにへばってしまう。

ようやく視界が広がると晴れていたら槍ヶ岳、穂高岳が見えるということだが雲で全然わからなかった。
c0174153_1540567.jpg


徐々に四人の間隔があいていく。みんな体力を奪われているのだろう。ほんとつらい。まだ本日のゴールの山荘までは遠いはず。
c0174153_15413195.jpg


ようやく杓子平に到着。思ったより早く着いたので明るいうちにテントを張れるかもしれない。いい景色だ。ここでSが体がだるく高山病になりそうだ言った。そして徐々に遅れることに。
c0174153_15412374.jpg


笠ヶ岳はどれなのか、まだ見えてないのかそんなことを思いつつ、晴れたりガスで真っ白になったりする天気の中、一歩一歩進んでいく。
c0174153_15415773.jpg


笠ヶ岳は裏にあった。雲がかかってよく見えなかったが、尾根を歩いていくとその先に大きな山があることは確認できた。
c0174153_1542556.jpg


尾根の平らな道は疲れた体にはほっとする体力回復ポイントだ。それでも歩みは遅いのだが。少しずつ笠ヶ岳が近づくのごわかるので嬉しい。

最後の登りを抜けるとテントが見えてきた。ようやく山荘のテント場に到着。17時過ぎだった。すぐにテントを張りいつの間にか寝てしまった。OさんがSを迎えにいき、ようやく四人で合流。
c0174153_15425094.jpg


随分冷えるのを感じながら、暖かいカップラーメンを食べた。いろいろ着込んだがなかなか寒い。ワインを飲んで就寝。テント場が混んでいたため、草の上の斜面にテントを張ることになりあまり寝られなかった。

翌日早朝4時過ぎに出発し、御来光を見に山頂へ向かう。ヘッドライトの電池が切れみんなの光を頼りに進む。暗いので平らな岩ではなくごつごつした岩に足をぶつけたりもしてしまった。

20分くらいで山頂に着いた。すでに何人か御来光を待っている人がいた。
c0174153_1543361.jpg


槍ヶ岳、穂高岳方面が赤く日が昇り始める。シルエットがとてもきれいに見えた。しかしその向こう側に雲がかかっていたため御来光自体は見ることができなかった。でもとてもすがすがしい気分になった。
c0174153_15432410.jpg


テント場にもどりテントを片付け、下山を開始する。下山は楽なんだけど、やはり昨日の疲労がたまっていて、肩や腕が痛いのと、足も重く、あまりペースを上げることはできなかった。振り返ると綺麗に笠ヶ岳が見えた。
c0174153_15433117.jpg


結局前の二人に40分くらい待ってもらうことになってしまった。帰りに水明館 佳留萱山荘で汗を流し、いつもながらの中央道の渋滞にはまりなんとか帰宅。
[PR]

# by backyard_babies | 2014-09-15 23:17 | Trekking

SABADOリーグ(S.FC) 第17回 第2節 2014.9.13

vs N
△ 5 - 5

久しぶりのフットサルとなったが、思った以上に動けず、尋常じゃないほどバテてしまった。

体力も筋力も衰えすぎだ。もっと鍛えなおす必要がある。ボールを奪った後のパスが雑になってしまい、余計なピンチを招いてしまった。

攻撃でもあまりシュートを打てなかったし、ほとんどチームに貢献できなかったと言える。

もっと一つ一つのプレーを大事にして、結果勝利につながるようにできればと思う。

がんばらないとなぁ。。。
[PR]

# by backyard_babies | 2014-09-13 23:49 | My football life

大阪旅行 2014.9.9-10 2日目

朝食から大阪グルメを食べようと、梅田の地下街をぶらぶら9時から開店している串揚げ屋さんヨヤネを訪問。平日の朝だというのにスーツを着た人たちがビール飲んで串揚げ食ってる。

5品楽しめる串焼きセットを注文。少し甘みのあるさらっとしたソースにたっぷりくぐらせてから食べる。さっくさく、そして全然重くない。軽く食べられる。これが大阪の串揚げなのか。串揚げってもっと重いものを想像してた。これならおやつ代わりに食べられる。

c0174153_16304069.jpg

腹ごしらえをしたら、梅田スカイビルまで散歩。近代的なビルがたくさんあったり、庶民的なお店があったり、面白い街だ。どちらかというとオフィス街のようだ。しかし今日も天気がいいので日差しが強い。

梅田スカイビルに到着。空中庭園に向かうため39Fまで一気にエレベータで上がる。ガラス張りになっていて外が見える。さっき歩いてた場所が見える。人がちっちゃくなっていく。39階からは建物からは分離したエスカレータを利用する。下がないと思うとちょっと怖い。タイムトンネルみたいな雰囲気。

c0174153_16303477.jpg

空中庭園のいいところは窓がないところだ。外の風を感じられるし、写真を撮るときに反射を気にしなくていい。空を見上げると雲の様子がきれいだ。川が見れるのもいい。スカイツリーから隅田川を見下ろしている感覚にも似ている。一通り写真を撮った後は、景色を眺めながらお茶をした。ちょっとのんびり。

c0174153_16312397.jpg
お昼からはダックツアー。水陸両用の観光バスだ。朝歩いた梅田の駅の方やNHKの社屋だとか、ちらりと見える大阪城を紹介された。やはり添乗員さんも大阪の人、なかなか話の面白い人だった。そしてとある公園にバスで進入。かなり細いところを通り、運転手交代。ここから川へ入る。

c0174153_16314419.jpg

みんなで声をあわせて、3、2、1、ざぶーん!! 少しだけ水しぶきがあった。なんだか不思議な気分。川を進んでいると、岸を歩く人たちが手を振ってくる。ガイドさんが「大阪人はめずらしいものにはすぐ手を振ってくれるので振り返してあげて」とのこと。目いっぱい振り返す。また地上に戻ってスカイビルに到着。

c0174153_1632034.jpg

ここからは難波に移動して、法善寺の水掛地蔵をお参り。ほんと全身苔だらけだった。もっと苔だらけになれとたくさん水をかけておいた。

c0174153_16321586.jpg

道頓堀通りを歩いていると1コインお笑いライブがあるとの呼び込み。せっかくなのでミニライブを楽しんだ。まだまだこれからの人たちだったけど結構楽しかったなぁ。大阪の笑いに触れた感じ。

だいぶおなかもすいたので「お好み焼き 美津の」で山芋焼(貝柱、豚肉)、美津の焼きを注文した。山芋焼きは小麦粉を使ってないのでふわっふわで美味しいけどお好み焼きとはちょっと違うかも。美津の焼きはボリュームもあるし、見た目のきれいで抜群でした。

c0174153_16324453.jpg

グリコの看板は今は工事中なので、綾瀬はるかのグリコポーズになっていた。これはこれでレアだからいいか。みんな写真撮ってる。海外からの観光客も多い。

c0174153_1633248.jpg

ここからアメリカ村の方に歩いて三角公園に行ってみた。人がたくさんいた。ここら辺は特に外国の人が多い。この後心斎橋通りをぷらぷらしたり。たくさん歩いたので、またまた休憩。宇治園 心斎橋本店の中のお茶屋でほうじ茶のパフェを食べる。ほうじ茶のアイスとか大人な味。旨し。

c0174153_1633244.jpg

最後新大阪で、551蓬莱の豚まんを新幹線で食べる分とお土産分と別々のお店で買って、おなか膨れて新幹線で爆睡して帰宅。

c0174153_16335175.jpg

[PR]

# by backyard_babies | 2014-09-10 16:18 | Event

大阪旅行 2014.9.9-10 1日目

朝7時東京駅発の新幹線に乗って、ロースカツサンドを頬張り、9時半過ぎに新大阪駅到着。ホームに降りると結構人が多い、旅行客かな。いつの間にかエスカレータの追い越す側がいつもと逆になるのを感じながらユニバーサルスタジオジャパンを目指す。通勤の人と観光客が入り混じる車内。なんか不思議。

新大阪から30分もかからずに到着。晴天に恵まれうれしい限り。入口までの通りやエントランスの感じなど10年以上前に来た時のことを思い出した。アメリカンな雰囲気がいいね。エントランスを入ってすぐのメイン通りはディズニーランドのそれと同じような感じ。まずはバイオハザードの整理券をゲットするために並ぶ。暑い…。

c0174153_15142679.jpg

さあここから楽しまないと。9月とはいえ大学生はまだ夏休みなので若い人が多い。まずはスパイダーマン。エクスプレスパスを使いすぐに入場。3Dだけでなく水とか少し出てくるので臨場感がある。以前来たときはこれが一番面白いと思った。映画のシーンを思い出したりしながら、映像の世界に取り込まれていく。

c0174153_15144257.jpg

次のアトラクションに向かう途中でちょうどヴァイオリントリオジャムが始まった。以前「Youは何しに日本へ」という番組でインタビューされていた人が演奏していて、ちょっと嬉しかった。目の前でステップを踏みながら生演奏をしてくれるのはいいものだ。いい演奏を見た後はターキーかじってビール飲む。ほろ酔い?

c0174153_15156100.jpg

ユニバーサル・モンスターライブ・ロックンロールショーへ。既に結構お客さんが入っていたが比較的正面の席がに座れた。いわゆるメジャーな曲やKISSやBON JOVIの曲をダンスや歌で披露してくれる。もっと大人数を期待していたので迫力には欠けたが、コミカルな演出が面白かった。

c0174153_15152270.jpg

今回のメイン、ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッターへ向かった。森の中を進んでいくのでまだ全貌が見えない。ちょっとドキドキする。門が出てきた。あのハリーポッターの街並みがそこにある。さっきまでの雰囲気とは別の世界なので興奮する。こんなに暑いのに屋根に雪が積もってるの面白いな。

c0174153_15153998.jpg

まずはハリーポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー。4Kを駆使した鮮明な映像、実際にほうきに乗って飛んでいると思わせる迫力、ハリーポッターの映画の中に入り込んだ気分にさせてくれた。これは確かに乗る価値がある。ハリーポッターファンには堪らないだろう。

c0174153_15155558.jpg

広場で行われるフロッグ・クワイアというコーラス隊の合唱や三大魔法学校対抗試合のときの他校の武術や演技の様子を見たり、バタービールは飲まなかったけどパンプキンジュースを飲んだりした。魔法用具店が再現してあり、怪物の本とかも展示されていた。映画のワンシーンを思い出す。

c0174153_15161618.jpg

オリバンダーの店ではお客さんの一人が選ばれ、実際に杖を選んでもらえる。暗闇の中の小さな灯りの中で行われる儀式は雰囲気がある。ショップにはいろんなキャラクターの杖が売っていた。まぁ買わないけどね。記事が動く新聞とか根っこがギャーって叫ぶマンドレイクとかがいたり、街の至る所に映画の世界を垣間見れる。

c0174153_15163378.jpg

またパークに戻り、バックトゥーザフューチャーやシュレック、ターミネータ2に行った。シュレックは初めてだったが3Dを使った映像に思わず避けたり、T2は実際に演者も出てくるので映像から飛び出してきたような迫力がある。バックドラフトは炎の熱さを感じることができたし、撮影現場の様子を肌で感じられた。

バイオハザードは最初なめてたんだけど、後ろからゾンビが来たり、結構リアルなコスチュームにかなり焦らされた。前にいた大学生くらいの青年たちも結構ビビッてた。一部屋一部屋移動していくので狭い空間のでゾンビと対峙したり、こちらのメンバーになりすましたキャストが居てゾンビに襲われたりとなかなか考えられていた。

薄暗くなったパークも街の光がきれいである。定番のジョーズとジュラシックパークも行ってみる。やっぱ面白いね。迫力あるし、同乗したお客さんのリアクションが良かったりするとこっちも楽しい気分になる。たくさん映画を見直したいって気分になった。

c0174153_1517131.jpg

最後はマジカル・スターライト・パレード。きらびやかなキャラクターやダンサーたちがたくさん出てきて綺麗だった。

c0174153_15172221.jpg

パークを出てからたこ焼きミュージアムに寄って、甲賀流、くくる、会津屋のものを購入。同じ大阪のたこ焼きでもお店によって全然味が違う。会津屋は結構あっさり。甲賀流、くくるは結構しっかりとしていた。

ホテルのある梅田に行き、焼肉屋河童で名物のホルモンやサテバービー等を食べた。甘さと辛みが絶妙に感じられる。お店の雰囲気も昭和な感じで良かった。

c0174153_15174569.jpg

本日のお宿、大阪東急インで就寝。
[PR]

# by backyard_babies | 2014-09-09 14:42 | Event

早池峰山登山 2014.9.7

東北遠征三日目。雨の音で目が覚める。テントの中にいると結構な音に聞こえる。外に出ると思ったよりも降ってはいないが、普通の雨だ。

まずはキャンプ場の屋根のある流しのところにテントを持っていきテントを片付けることに。片付けてるうちに雨がやんできた。登山開始する頃には止んでくれた。

少し歩きはじめると涼しげな沢が出てきた。樹林帯の中を歩いていくより、沢を越えたり、岩をよじ登ったりする方がバラエティに富んでて嬉しい。
c0174153_1651518.jpg


大小さまざまな岩が道を作っていて、それを一歩一歩踏みしめて行く。何度か沢を越えて行くうちに沢の横を歩く感じになった。なんだか北岳を登った時の直登ルートを思い出す。
c0174153_1651891.jpg


やがて沢も終わり、岩が積み重なったところを登って行くようになる。この頃になると周りの景色もみることができるので気分がいい。周りの山々が青々としてきれいだ。
c0174153_16514016.jpg


山頂が近づくと傾斜が大きくなり、大きな岩が多くなり、アドベンチャー感が強くなってきた。やはりこういうのが面白い。ロープが出てきたり、突き出た岩があったりと楽しい気分にさせてくれる。
c0174153_16514652.jpg


これらの岩を越えるとそこが山頂だった。360度パノラマで景色を堪能できる。この三日間での登りが終わったかと思うと達成感も出てくる。下山は別のルートで戻ることにした。
c0174153_16521416.jpg


途中はしごが出てきて、後ろ向きに降りるとちょっと怖いと思ってしまったが、前を向いたら何てことはなかった。
c0174153_16522248.jpg


下山して藤三温泉の白猿の湯や露天風呂で汗を流した。帰りに前沢SAで前沢牛と花巻産四元豚の合挽きハンバーグ等を食べて帰宅。
[PR]

# by backyard_babies | 2014-09-07 22:08 | Trekking