「オーヴォ」 by シルク・ドゥ・ソレイユ 2014.4.30

c0174153_1457386.jpg

今回はお台場に建てられた特設テントでの公演となっていた。追加公演が決まってすぐに良い座席を選べたので、ど真ん中の前から3列目という好条件。

開演前から恒例の客席いじりが始まる。会場を微笑ましい雰囲気にさせてくれる大事な時間だ。今回のテーマは「いのちのものがたり」ということで、身近な昆虫やクモに扮したキャラクターがたくさん登場する。

最初は青いトンボ。片手一本で体を支えるようなバランス技を見せてくれる。全て手作業で作成するオーダーメイドのコスチュームは芸術性が高く美しかったので最初トンボだとは分からなかった。足に付けられた羽でかろうじて想像できる感じ。力強く美しく。

次は天井から垂らされたロープを体に絡ませて、急降下したり、上昇したり、空中をしなやかに舞うバタフライ。顔の小さな男女二人のペアが時にはスリリングに、愛を表現していた。今回最も美しく感じた演目だ。

そしてアンツ。真っ赤なアリたちがキウイ等の食べ物を足でジャグリングしたりする。背格好の同じくらいの5、6人での演技はとてもかわいらしかった。アリの上にアリが乗ってジャグリングとか、みんなが乱れずに演技をしたり難易度が高いものを実施してもかわいい雰囲気を保っているのは凄いことだ。

クリーチュラは顔も無いし、手なのか足なのかもわからない、一見動きがちょっと気持ち悪いとさえ感じてしまったが、徐々にその予想もつかない動きが楽しく感じるようになってきた。俺もあの中に入っていろんな動きをしてみたいと。

第一部最後はフライングアクト。金の甲冑を着たキャストがかなり高い位置で、右から左から飛んでいく。まさに飛んでいく。一人下の防護ネットに落ちていたが、逆にそれが難易度の高いことを証明している。ここで30分程休憩となる。

第二部最初はクモが妖艶な演技をみせる。からだを自由自在にゆっくりと雰囲気を保ちつつ曲げる。どこか挑発しているような雰囲気もある。女性らしさを前面に出した官能的な雰囲気も感じらる演目だ。

次は赤と黄色のコスチュームをまとった背の高さのばらばらなキャスト達がいろんなポーズを組み立てる。そこに人が乗るー?とか、えっ足どうなってるのア?といった感じだ。軽快な印象をうけるが相当なバランス感覚と力がないと成り立たないはず。

そしてスタックワイヤー。いわゆる綱渡りになるのだが、一本のワイヤの上を自由に動き回り、一輪車を逆立ちした状態でこぐといった離れ業も見せてくれた。おいおい、それいっちゃう?って言いたくなるようなことばかり。思わず、すげーって言っていた。

最後はウォール。これはシルク・ドゥ・ソレイユの真骨頂とも言えるトランポリンを使ったダイナミックで臨場感たっぷりの個人的にもかなり好きな演目だ。だいたいどの公演でも最後の方に出てくる。高さ8mの壁を軽やかに駆け上がる様子は圧巻だし、壁沿いを上から下にゆっくり這う様子はどうやってるんだと不思議でしかたない。

オーケストラブースからの演奏や生唄はゆったりとした雰囲気で自然の大きさを表現しているように聞こえた。いい時間を過ごした。
[PR]

by backyard_babies | 2014-04-30 22:56 | Stage

フットサル(HW) 2014.4.29

3位/9チーム中(2得点1アシスト)

予選リーグは順調に勝ち上がり、失点はすれども先手先手で試合をリードしていたので問題なかった。

やはり高校の仲間でチームを作ると意思の疎通もしやすい、イメージが共有できる。

ただやはりツメが甘かった。マークの受け渡しやちょっとした気の緩みから失点してしまった。

楽しかったけど、優勝できなかったのは悔しくて仕方がない。なかなか集まれないけどまた是非やりたい!
[PR]

by backyard_babies | 2014-04-29 13:51 | My football life

二子山登山 2014.4.27

二子山は以前登ったことがあるが、今度は西岳の上級者コースに挑戦するために、関越道花園ICから60km走ってようやく登山口に到着。通行止めになっている道沿いに車を停めて、登山客数を数えるカウンターを押して登山開始。低山だけあって暑い。すぐに汗がにじみ出てくる。
c0174153_14113510.jpg


最初はちいさな沢を横切ったりするが、あとはひたすら林の中を登っていく感じだ。意外と傾斜があるので足へしっかりと負担がかかる。今年初の山としてはちょうどいいのかもしれない。木々からマイナスイオンをもらっているような気分になりながら進んでいくと40分程度で股峠に到着。
c0174153_14122897.jpg


ここから東岳へと進む。前を歩く自分の親以上のお母さん方の元気さに力をもらいつつ進むと、前回雨上がりで滑るので引き返した金属のステップが出てきた。体を投げ出す形で岩を回り込むのでちょっと怖かったりもする。でも鎖もしっかりあるし、ビビらなきゃなんてことはない。

これを越えるとすぐ尾根沿いに出る。東岳はもう少し先だ。やはり岩のごつごつした山だ。上の方はほとんど岩山になっている。そしてあっさりと東岳の山頂に着く。ここから西岳を見るとほぼ垂直の岩でどこを登るんだ?とビビりそうになる。
c0174153_14142327.jpg


登るより降りる方がちょっと怖かったりもするが、すぐに股峠まで降りて、西岳へ向かう。少し話しながら進んだとき、嫌な予感がして上級者コースの分岐を確認する。既に過ぎているような気もするが全く分からない。他の登山客に確認して、その場から左方向に向かった。すると上級者コースを発見。
c0174153_14184960.jpg


あぶない、完全に見逃すところだった。すぐに切り立った岩が眼前に立ちはだかる。すごいけど、掴んだり足をひっかけたりできる場所がたくさんあるのと、目の前の壁しか見えないので高度感や恐怖感はほとんどなかった。むしろよじ登る楽しさを感じた。
c0174153_1420510.jpg


これを登りきると尾根に出る。とがった感じの尾根が続くのだが、落ちたら死ぬだろうけど落ちるほど狭くないし、なんなく進むことができる。やはり去年剣岳や鹿島槍ヶ岳に行ったので、ある程度の高度感は問題ないのかもしれない。そして西岳山頂に到着。

c0174153_14243897.jpg

山頂で食事をして、他の登山客にアブラチャンという最初に花が咲く高山植物を教えてもらったりした。ここからも先ほどと同じような尾根が続く。アドベンチャー感があるのは嬉しい。ただ歩くだけでは物足りないからね。でも怖くないの希望だけど。
c0174153_14222076.jpg


尾根から下るときに鎖場があるが、それ以降は基本的には林の中を移動する感じだ。途中ローソク岩というロッククライミングをやる岩を見に行った。表面が平らでこんなところ登れないって思ったが、Oちゃんは普段のボルダリングの成果を見せて少し登っていた。しかし最後はずり落ちてた…。

結局計4時間の登山だった。小鹿野温泉 梁山泊というところでゆったり汗を流した。いいところだった。わらじかつ丼を食べに行ったらあまりにも行列ができていたので諦めて帰路へつく。最後三芳PAで豚マヨ丼を食べて帰宅。近場で十分楽しめたので良かった。
[PR]

by backyard_babies | 2014-04-28 14:09 | Trekking

麺屋 KAZZ・柏

c0174153_9524173.jpg鶏極の跡地に新店がオープンしていたので訪問。実際には去年の夏くらいからオープンしているとのこと。黄色い看板が目立つ。「味噌中落ちメン」を注文。写真は友人からもらったチャーシューが2枚乗っている。

出てきてすぐに思ったのが貴生のホルモン麺に似ているということ。辛めに味付けされた中落ちがホルモンを彷彿させる。麺が進むちょうどいい辛さだ。スープは背脂たっぷりのしっかりした豚骨に味噌を加えた感じ。普通注文にしたが十分こってりに感じる。

菅野製麺所の中太ちぢれ麺を使っていて、やや固めの茹で加減だ。大盛りはなく、替玉制だった。よく北海道の味噌ラーメンで使われている麺と同じ感じ。中落ちというのが流行るかどうかは別として面白いところに目をつけたと感じた。
[PR]

by backyard_babies | 2014-04-21 09:53 | Ramen(Chiba)

SNL 2014年前期 第1節(H) 2014.4.20

4位(1勝2敗1分け)(1得点、2アシスト)

5ヵ月振りにチームに復活した。今季の初戦から参加できたことは嬉しかった。しかしすぐにバテてしまった。

この日は6人しか揃わなかったので、かなり守備重視となってしまった。全然走れないからカウンター攻撃にもあまり参加できなかったし。

あとどうしても両足をべたっと地面につけてディフェンスしてしまうので、フェイントについていけない。

スタミナがないからなのか筋力が落ちているからなのか、はたまた両方なのか。

これから少しずつ納得のできるプレーができるように準備をしていくぞ。
[PR]

by backyard_babies | 2014-04-20 10:06 | My football life

SABADOリーグ(S.FC) 第15回 第6節 2014.4.19

vs B
× 2 - 7(0得点)

雪で延期になった分の試合。これが最終節。

先週よりもタイトにディフェンスをしていた、する意思がチームとして感じられていた。

しかしある程度上手いチームには自分でOKと思っているより、もう一歩近づかないと半歩ずらしでシュートを打たれてしまう。

もう一歩の寄せの必要性を痛感した試合である。全然参加できないままに終わってしまった今期。

気持ちを入れなおして、来期をがんばりたい。
[PR]

by backyard_babies | 2014-04-19 10:12 | My football life

SKID ROW ~ UNITED WORLD REBELLION TOUR ~ 2014.4.14

c0174153_10422686.jpg

一昨年はLOUD PARK でセバスチャンバックがソロで来ていたが、遂にSKID ROWが19年振りの来日。ということはあの時のNKホールで観た以来ということか。メンバーも会場の規模も違うが気持ちを高めつつ渋谷O-EASTへ向かった。やはり自分達を含め若干年齢層は高めかもしれない。

サポートアクトはEARTHSHAKERだ。当日までサポートアクトの存在を忘れていたし、名前は聞いたことあるけど全然曲は知らないバンドだった。もうデビュー30年ということだが、キャッチーなメロディのハードロックという感じかな。今後も頑張ってほしいと思う。

そしてようやくSKID ROWの登場。楽器の後ろとかでスタンバっているの若干見えていたが、新しいEPからの"Let's Go"で始まった。昔とは違う曲調だがノリもいいし、新譜の中でも気に入っている曲。でも次の"Big Guns"を聞いた瞬間に、やっぱり昔のアルバムの楽曲の良さや分かりやすいメロディを痛感した。

"18 And Life"や"In a Darkened Room"は、SKID ROWの特徴的な切なさを帯びたバラードだが、ジョン・ソーリンガー は頑張って歌いこなしてて、もっと低い声かと思ってたけど意外と高いのも出てた。ジョンはもっとごつい奴をイメージしてたが、結構愛嬌のあるなんだか憎めない奴って感じ。

c0174153_1042531.jpg

やってほしいと少し期待してた"Psycho Therapy"はレイチェルがボーカルをとり、かなり盛り上がった。しかしレイチェルはこんなにカッコよかったとは。昔はバズのカッコよさがずば抜けてたのと長髪だったから気付かなかった。いつまでも鼻ピアス・チェーンを着け続けてくれ。

そして"I Remember You"。メタルを聞き始めるきっかけの曲だけにいつ聞いても特別だ。でもこれだけはバズのボーカルがいいかな。アンコールでのCheap Trick の"Surrender"はちゃんと原曲を聞いてみたいと感じた。そして"Slave To The Grind"、これはやっぱり盛り上がる。周りもみんなジャンプしてる。足つりそうだったので気持ちだけ跳ねてみた。

最後は当然、"Youth Gone Wild"。途中の「SKID ROW!!」の掛け声、会場中の熱を感じるた。ちょっと短くも感じたけど、楽しいライブだった。セットリストは以下の通り。

1. Let's Go
2. Big Guns
3. Makin' a Mess
4. Piece of Me
5. 18 And Life
6. Thick Is the Skin
7. In a Darkened Room
8. Kings of Demolition
9. Psycho Therapy(Ramones cover)
10. I Remember You
11. Riot Act
12. Monkey Business
13. Get the Fuck Out
14. Surrender(Cheap Trick cover)
15. Slave To The Grind
16. Youth Gone Wild
[PR]

by backyard_babies | 2014-04-15 23:41 | Live

SABADOリーグ(S.FC) 第15回 第5節 2014.4.12

SABADOリーグ(S.FC) 第15回 第5節 2014.4.12

vs Y
○ 5 - 4(1得点)

復帰第1戦となったのだが、やはり驚くべき筋力・体力の衰えにより、走れない、足が出ない、力が入らない。

チームとしても守備に課題が見られる。やりたいことはわかるのだが、それぞれの状況に合わせた対応ができていない。

守備の連動というところにもっと意識を持たないと、一気に崩壊してしまう。試合後上位チームと練習試合をしてそれを完全に露呈した。

正直うちのチームにはマンツーマンの方がシンプルで合ってる気がするんだけど。でも何事もチャレンジしなきゃな。

まずはチームの役に立てるように、体力・筋力をもどさないとっ!!
[PR]

by backyard_babies | 2014-04-15 11:07 | My football life

麺屋 亀壱・みのり台

c0174153_10531976.jpgいつの間にかお店ができていてなかなか営業している時間に近くにいることがなかったがようやく訪問。「ラフテー麺」を注文。通常ラフテーが2つ乗るのだがもう1つしか無いとのことでラフテー+チャーシューをチャーシューメンの価格で提供してもらいました。

まずびっくりしたのがスープの色とその粘度だ。超濃厚な鶏ベースのスープに魚介がたっぷり追加されている。油膜もある。食べやすい濃厚さで美味しい。3/4くらい食べるとしょっぱさが少し気になるかな。

麺は細めのストレート。油膜で閉じてあるせいか、麺を持ち上げると中から湯気が出てくるくらい麺が熱い。太麺くらいの方が濃厚スープに対抗できていいかもしれない。

でもいろんなメニューもあるし、店主さんもイイ人だし、いろんな可能性のあるお店なのでまた訪問してみたいと思う。今度は塩系らーめんにチャレンジしてみたいかな。
[PR]

by backyard_babies | 2014-04-11 10:53 | Ramen(Chiba)

美ヶ原登山 2014.4.6

膝を怪我してからようやく復帰してリハビリがてらのスノーハイクということで美ヶ原に向かった。4/25まで美ヶ原近辺は結構通行止めになっている。とりあえず山本小屋に向かった。上信越道佐久ICから50km。晴れていることもあり雪の心配はないなぁって思っていたら、山本小屋まで2kmくらいで道路に雪が積もっていて二駆ノーマルタイヤだったのでここで断念。

幅の広いところに車を停めさせてもらって、荷物まとめて防寒装備して道路を歩いていくことにした。久しぶりだったのでみんなでたくさんしゃべりながら歩いてく。こういう時間がやっぱり楽しい。道路は日当たりが悪いところはしっかり雪が積もっていて、陽があたって溶けてる場所もある。スタッドレスをはいた車にどんどん追い抜かれていくがちょっとだけ悲しかった。

山本小屋手前のお土産屋さんに着いたら、天候が悪くなり、軽く吹雪いている状態。気温はマイナスになっているようだ。しかし美ヶ原、すでに山頂のホテルがほぼ同じ高さで見えている。ここまで道路を歩いてこなかったらきっと物足りなかっただろう。一面雪景色が広がっているので、以前10月に来た時とはまったく違う光景だ。
c0174153_14163142.jpg

山本小屋に着くとたくさんの人があたたかい飲み物を飲んでいた。どうもスノーモービルか何かの講習会があったようだ。それを横目に吹雪の中を歩いていく。牧場の柵が雪に埋もれて少しだけ顔を出している。50cm以上は余裕で積もっているのかもしれない。美しの塔で一応鐘を鳴らしてみた。

他にも2組ほど歩いている人がいたけど、ほとんど人は見かけない。雪が積もっていて柵の意味もないので最短距離で進むこともできたのだろうけど、行くだけ行って登れないとなると嫌なので、通常ルートを進んだ。雪は相変わらず弱くならない。停めてる車が心配になる。特に景色が変わることはなくひたすら進みようやく王ヶ頭ホテルを到着。改装工事をしているようだ。そしてその裏の山頂に着いた。
c0174153_1416439.jpg

吹雪いているので景色は真っ白。とにかく寒いのでホテル前で雪をしのぎながら軽く食事をする。入口が空いてたので少しホテルの中で風を凌がせてもらってから山本小屋に戻ることにした。しかし雪の影響で来た道が分からない。足跡は消えている。きっとこうやって雪山では遭難者がでるのだろう。なんとか戻る道を見つけて山本小屋に到着した。

帰りは和田宿温泉(湯遊パーク和田ふれあいの湯)で汗を流し、併設の食事処できのこのあんかけのかかったオムライスを食べて帰宅。
[PR]

by backyard_babies | 2014-04-06 23:05 | Trekking